テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/10/13
BS日テレ 【深層NEWS】
<きょうのNEWS>対北朝鮮・米国CIA長官「4つの軍事的選択肢を見た」

Globali 海外メディア
北朝鮮のハッカー集団、米韓の軍事情報にアクセスか
北朝鮮が米韓軍本部をパラグライダー奇襲計画
中国によるチベット弾圧を止めるために米政府の介入が必要?【米・中国メディア】
国連安保理、北朝鮮への制裁違反で4隻の貨物船に対し入港禁止措置
日本以外の米同盟国は北朝鮮の不測の事態に対応万全【英・ロシア・韓国メディア】



関連記事
10/17(火)
(日本テレビ[スッキリ])
北朝鮮・労働新聞(きのう付)によると、米国の原子力空母「ロナルドレーガン」などを引き入れ、火薬のにおいを漂わせている。
我々に対する軍事的な威嚇であり、朝鮮半島情勢は極度の緊張局面になる。
8月の合同軍事演習時には、8月26日に3発の短距離弾道ミサイルを日本海へ発射、合同演習に対して反発を示した。
さらに8月29日には日本の上空を通過する中距離弾道ミサイル「火星12型」を発射。
毎年、米韓合同軍事演習の際にはミサイル発射実験などで反発してきた。
米国・ティラーソン国務長官は「大統領は外交努力を支持している。
最初の爆弾が落ちるまで外交努力は続く」。
軍事的選択を口にするもあくまで外交努力を続けるとした。
国際会議に参加するためロシアに現れた北朝鮮代表団は「米国が核による脅しと敵対政策をやめない限り、対話に応じる必要はない」と米国との対話を否定した。
笹川平和財団・上席研究員・小原凡司によると「北朝鮮はさらに“エスカレートさせた”ということを示さなければならない。
この手段がだんだんと尽きかけてきている」。
韓国政府は明日から始まる中国の共産党大会に合わせ北朝鮮が軍事挑発に出る可能性を指摘。
火星12型発射、米国・ティラーソン国務長官、ロシア・サンクトペテルブルク、金正恩委員長、スカッッドERとされる映像。
映像提供:朝鮮中央テレビ、CBS FACE THE NATION。
10/16(月)
(BS1[国際報道2017])
朝鮮中央テレビ半島周辺海域では、米韓共同訓練も5日間の日程で始まった。
米国軍・原子力空母「ロナルドレーガン」や、韓国海軍のイージス駆逐艦などの艦艇およそ40隻のほか、戦闘機や哨戒機などが参加している。
韓国海軍・チャンウク広報チーム長は「訓練は北朝鮮の挑発への対応」と述べた。
北朝鮮は「われわれに対する軍事的な威嚇であり、朝鮮半島情勢は極度の緊張局面になる」と反発。
北朝鮮は、去年の米韓共同訓練でミサイル発射を試みて、失敗している。
今年も共同訓練への反発を口実に軍事挑発に出る可能性があり、米韓両軍は警戒と監視を強化している。
これに対し中国外務省・陸報道官は「関係各国が抑制を保ち対話に戻る努力をしてほしい」とコメント。
一方、米国・ティラーソン国務長官は「私たちは外交努力を維持する。
それは最初の爆弾が投下されるまで続く」とコメント。
米国軍・原子力空母・ロナルドレーガン、去年の米韓共同訓練、韓国・ソウルの映像。
朝鮮労働党機関紙「労働新聞」の画像。
米国・トランプ大統領、マティス国防長官のコメント。

テレビプレス テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.