テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/10/14
BS1 【BSニュース】
米国トランプ大統領・イラン核合意“認めない”

Globali 海外メディア
親米国家のシンガポールも中国マネーには逆らえず(?)【米・シンガポール・香港メディア】
米国では300万人が毎日銃を携帯、最近の調査で判明
米FRB議長人事が大詰め、保守派下院議員らはイエレン議長の再指名に反対
NYダウ、2万3千ドル一気に突破・史上最高値
米国抜きの11ヵ国による新たなTPP枠組みが来月明らかに【米・英国メディア】



関連記事
10/22(日)
(NHK総合・東京[これでわかった!世界のいま])
スタジオで国際部デスク・塚本壮一が解説。
北朝鮮は米国と対話できるか探っている可能性がある。
先月米国・ティラーソン国務長官は「平壌と複数のルートがある。
意向を探っている」と話した。
直後、トランプ大統領は「時間の無駄」と発言。
7日、北朝鮮は朝鮮労働党中央委員会総会を開き、金委員長は体制を盤石なものにするため経済に力を入れるとともに、人事を行った。
金委員長は「人民経済の自立性を全面的に強化する」と演説し、国連安全保障理事会決議による制裁に負けない経済力を持つと強調。
北朝鮮は原油やガソリンなどの石油製品の輸入を制限され、労働者の就労も禁止された。
日本、米国、EUなどの独自制裁も強まっている。
北朝鮮は1990年代、“苦難の行軍”(飢饉)を克服したという自信がある。
近く万里馬大会を開くとみられる。
西田ひかるのスタジオコメント。
千里馬について言及あり。
10/22(日)
(TBSテレビ[サンデーモーニング])
米国・マクマスター大統領補佐官は「トランプ大統領は北朝鮮の政権が核兵器で米国を脅かすことを受け入れない」と発言、かなりの切迫感を持たなければいけない問題だと述べ、軍事行動の可能性などについて言及した。
同じ日、名指しこそしなかったものの大統領経験者が相次いで米国第一主義を掲げるトランプ大統領の政治姿勢を批判。
ブッシュ元大統領(ニューヨーク)、オバマ前大統領(ニュージャージー州)のコメント。
米国・ワシントンの映像。
トランプ政権に対してブレナン前CIA長官は「朝鮮半島で軍事衝突が起きる可能性はこの数十年の中で最も高まっている」と発言。
米国世論調査(NBCテレビ・今月13日~17日実施)「北朝鮮が最も差し迫った脅威」・7月41%、今月54%と増加している。
寺島実郎、岸井成格のスタジオコメント。
海兵隊、中国共産党大会に言及。
10/22(日)
(フジテレビ[新報道2001])
トランプ大統領が2週間後に初めて来日、安倍総理と日米首脳会談を行い、その後、中国、韓国を訪問。
北朝鮮は中国共産党大会の期間中、もしくはトランプ大統領がアジアにいる間、挑発行動に出るのか懸念されている。
元自衛艦隊司令官・香田洋二は来年2月の韓国・平昌五輪の前、3ヶ月の間に米朝衝突の可能性があるとみている。
金正恩委員長は9月15日のミサイル発射以来沈黙を続けている。
日本海は緊張が高まっている。
さらに他にも北朝鮮の脅威が迫っている。
福井・三国港の漁師・浜出征勝組合長は「何言っているか分からず、包丁などを振り上げ威嚇してくる」と話す。
北朝鮮の漁船がいっぱいいるという。
日本のEEZ内で撮影した映像。
去年から違法操業する北朝鮮漁船が急増しているという。
聖学院大学教授・宮本悟によると中国との国境地帯には水産加工業社がどんどんできていると話す。
北朝鮮・羅津港で撮影された水産物加工工場、北朝鮮の軍が関与し年間2億ドル近い外貨を稼ぐという。
日本のEEZで稼いでミサイル開発している。
そのミサイルが日本海有数の漁場、大和堆のそばに着水している。

テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.