テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/10/14
BS1 【ワールドニュース】
<スペイン・TVE>米国・トランプ大統領・イラン核合意・認めず

Globali 海外メディア
イラン核合意から離脱と発言するトランプ大統領に、米高官・EU代表のみならずイランまでも揺さぶり【米・英・フランス・ロシア・中国メディア】
米国土安全保障省が「Wi-Fi」の暗号化方式「WPA2」の脆弱性を警告
タリバンから救出された夫婦‐何よりもまず、子供たちの内面的な癒しに取り組む新生活
豪比両軍、ドゥテルテ大統領に構わず南シナ海で合同災害訓練実施【米メディア】
EU、トランプ大統領がイラン核合意から離脱すれば米国は益々孤立と苦言【米・英国メディア】
関連動画
トランプ大統領来日を前に 横田早紀江さん心境語る(17/10/17) (再生)
まもなく来日するアメリカのトランプ大統領が拉致被害者家族と面会することになり、横田めぐみさん(53)の母・早紀江さん(81)が「子どもを返して下さいとお願いしたい」と話しました。 横田早紀江さん:「(Q.トランプ大統領と面会希望する?)もちろん思っています。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/
関連記事
10/17(火)
(TBSテレビ[NEWS23])
米国・ニューヨークで、北朝鮮の元高官・李正浩が会見し「北朝鮮が1年もつか2年もつか分からない、多くの人が死んでいくでしょう」と話した。
李は「朝鮮労働党39号室」に所属し、金正恩らの資金管理や、外貨獲得の指導をしていた。
先月に国連安保理で採択された、制裁決議で北朝鮮企業が中国市場から締め出されているという。
北朝鮮当局者は「ICBMを保有するために、地上核実験とグアム以上の射程ミサイル発射実験が必要、それまで米国と外交交渉をしない」としている。
韓国軍関係者は「平壌近郊などで、弾道ミサイルを載せた複数の発射台が移動している」としている。
韓国国防省は「北朝鮮に対応するため訓練を始めた」と話し、米韓合同軍事演習で、米原子力空母「ロナルドレーガン」や、韓国イージス艦など、40隻余りが参加した。
北朝鮮の労働新聞は「極度の緊張状態」とした。
笹川平和財団上席研究員・小原凡司は「ミサイルを複数同時に発射する可能性もある」と話した。
あすは中国共産党大会で、この時期に北朝鮮が攻撃すれば、中国は完全に離れるという。
来月は米国・トランプ大統領のアジア歴訪予定。
中朝国境、朝鮮中央テレビの映像。
資料。
10/17(火)
(日本テレビ[NEWSZERO])
北朝鮮の強硬姿勢に国際社会が制裁を強める中、カギを握る中国で北朝鮮との密輸の現場をカメラが捉えた。
北朝鮮と国境を接する中国・丹東では、北朝鮮から中国へ来た出稼ぎ労働者たちが体操をしていた。
出稼ぎ労働者が働く職場には金正恩委員長が掲げるスローガンが貼られていた。
関係者によると丹東で働く北朝鮮労働者は約2万人。
賃金は中国人労働者の半額以下。
先月、深夜の丹東の港では海産物の密輸が行われていた。
国連の制裁決議では北朝鮮の海産物は輸入禁止となっている。
中国の漁業関係者は日用品と引き換えに北朝鮮の海産物を密輸していた。
安保理の制裁で北朝鮮への輸出が制限されているはずの石油製品も密輸の対象に。
米国などから圧力強化を求める声が高まる中、中国は先月新たな北朝鮮労働者を受け入れない国連の制裁に同意。
また今月に入り密輸の取り締まりも強化に乗り出した。
こうした中あすから始まる中国共産党大会。
既に会場周辺では厳重な警備が。
しかしこれまでにも北朝鮮は中国への反発を示すかのように、中国が重要視する政治日程の時期に軍事挑発を行ってきた。
CNNによると北朝鮮当局者がICBMを完成させるためには地上での核実験と、グアムを超える飛距離のミサイル発射実験が必要だと主張。
米韓合同軍事演習中か、トランプ大統領のアジア歴訪のタイミングに合わせて実験を行う可能性があると表明したという。
中国・北京の映像。
東アジアで行われる主な日程について言及。
10/17(火)
(NHK総合・東京[ニュース7])
米国・トランプ大統領が11月5日から7日の3日間、アジア歴訪の最初に日本を訪れ日米首脳会談を行うことが正式に発表された。
北朝鮮の拉致被害者家族と面会する。
外務省・杉山事務次官と米国国務省・サリバン副長官の外務次官級協議では、日米両国が主導して国連安保理の制裁決議の完全な履行を中国やロシアをはじめるする各国に働きかけていくことを確認。
その上で、トランプ大統領の日本訪問を機に緊密な連携を改めて確認し北朝鮮に核ミサイル開発を断念させるための取り組みを強化していくことで一致。
一方、ワシントンで開かれた経済の課題を話し合う麻生副総理財務相とペンス副大統領との日米経済対話では貿易の分野での両国の溝が埋まらず日本政府が課題を突き付けられた形。
トランプ大統領は「韓国、中国、日本に行くのを楽しみにしている」、野上官房副長官は「日本政府としてトランプ大統領夫妻の訪日を心から歓迎する」、横田早紀江、家族会代表・飯塚繁雄のコメント。

テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.