JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年11月25日(土)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/10/23
NHK総合 【ニュース「自民党総裁記者会見」】
台風21号・警戒続く・北日本中心に暴風
関連動画
新千歳空港 管制トラブル 原因は「無線の周波数に障害」 詳細を調査中 北海道 (17/11/25 08:20) (再生)
11月24日、北海道の新千歳空港で、航空管制システムのトラブルで、航空機との無線で交信できなくなり、発着する便が欠航するなどの影響が出ました。 原因について、国交省・札幌航空交通管制部は、同管制部が管轄するエリアの無線の周波数に障害が生じ、管制塔と航空機の交信が一時的に出来なくなったため、としています。 24日午後7時50分ごろ、新千歳空港の管制システムで無線トラブルが起き、管制とパイロットが交信できなくなりました。 レーダーは機能していましたが、無線が使用できなくなったため、画面を見ながらの指示が出せなったということです。 この影響で、北海道空域に飛行機が入ることもできなくなり、24日夜、新千歳空港では離着陸ができなくなりました。 利用客:「一度(飛行機に)乗ったが全然飛ばずに降ろされた。(Q. 今後の補償は? )それは国の問題ですから(と言われた)。どこが責任とるのか」 システムは、24日午後9時20分頃に復旧しました。 原因について、国交省・札幌航空交通管制部によると、同管制部が管轄するエリアの無線の周波数に障害が生じ、管制塔と航空機の交信が一時的に出来なくなったのが、原因とみられていますが、詳細については、調査中ということです。 新千歳空港は25日、通常に戻っていますが、離発着便の一部に欠航や遅れが生じています。

新千歳空港の管制トラブルが復旧 20便以上に影響(17/11/24) (再生)
北海道の新千歳空港で、管制塔の無線機のトラブルで航空機が発着できなくなり、少なくとも20便以上に欠航や出発地に引き返すなどの影響が出ました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

JR北海道 子会社元従業員2人 パソコン不正転売で1億7000万円着服 札幌市 (17/11/24 19:41) (再生)
JR北海道の子会社の2人の元従業員が不正に仕入れたパソコンなどを転売し、約1億7千万円を着服していたことが11月24日、わかりました。 着服したのはJR北海道の子会社で、北海道ジェイ・アール・システム開発の40代の元社員2人です。 2人は2010年から2017年にかけて、顧客の注文より水増しして発注したパソコンなどを転売し、約1億7千万円を着服していました。 2人のうち1人は「飲食代などに使った」と認めていて、会社は24日、懲戒解雇処分としました。 もう一人は2015年に退職しています。会社は、2人の刑事告訴を検討しています。 一方、札幌市交通局は、業務中に使用する地下鉄や路面電車の職務乗車証を、私的に利用していたとして、課長職の職員を含む50代から20代の職員24人を処分しました。 職務乗車証は、施設の工事など職務中に市営交通を利用する際に使う乗車証ですが、24人は2017年1月から8月までに、通勤などで計237回、約6万6千円分を私的に利用していたということです。 交通局では、このうち3人については、過去に計約26万円分を私的に利用していたとして返却させるということです。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組