JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年12月11日(月)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/12/08
テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
富岡八幡宮で跡目争い?女性宮司を弟が日本刀で・2人殺害後弟は自殺
関連動画
姉を車から引きずり出し日本刀で・・・富岡八幡宮殺人(17/12/11) (再生)
東京・江東区の富岡八幡宮で宮司の姉が弟に殺害された事件で、車に逃げ込んだ宮司を弟が引きずり出して襲っていたことが分かりました。 富岡茂永容疑者(56)は7日午後8時半ごろ、富岡八幡宮の宮司で姉の長子さん(58)を日本刀で刺すなどして殺害した疑いが持たれています。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

富岡八幡宮4人死傷 周到に襲撃計画か (再生)
江東区の富岡八幡宮で女性宮司が殺害された事件で、自殺した容疑者の男は、目立たない服装で1時間に渡り、待ち伏せするなど、周到な計画を立てていたとみられることが分かりました。 この事件は7日夜、江東区富岡にある富岡八幡宮の宮司富岡長子さんが刃物で襲われて死亡し、運転手の男性も襲われ、大けがをしたものです。 襲撃したのは富岡さんの弟の茂永容疑者と妻の真里子容疑者で、茂永容疑者は真里子容疑者を殺害した後、自分の胸を刺して自殺したとみられています。 捜査関係者によりますと茂永容疑者は日本刀を革の袋に入れて、現場に持って行ったということです。 また茂永容疑者らは黒や紺などの目立たない服装をして長子さんをおよそ1時間、待ち伏せしていたとみられ、警視庁は周到な計画を立てていたとみて調べています。

「姉追放しなければ祟り続ける」殺害直前に手紙投函(17/12/10) (再生)
東京の富岡八幡宮で宮司の女性が弟に殺害された事件で、「姉を追放しなければたたり続ける」と書かれた手紙は弟が犯行に及ぶ直前に投函(とうかん)したとみられることが分かりました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/
関連記事
12/11(月)
(TBSテレビ[ゴゴスマ~GOGO!Smile!~])
富岡八幡宮(東京・江東区)の女性宮司殺害事件の最新情報。
犯罪ジャーナリスト・小川泰平(元神奈川県警察本部刑事。
柔道4段)が生中継で解説。
今年3月、容疑者の妻名義で姉を中傷する告発状が神社本庁へ届いた。
神社本庁が姉の宮司就任を許可しなかったため、姉は神社本庁を離脱し宮司に就任した(朝日新聞)。
姉の宮司就任と、退職金と引き換えに経済支援が打ち切られたことが犯行の原因とみられる。
容疑者が犯行直前にポストに入れたとみられる8枚の文書は、マスコミ、警察署長、神社関係者に宛てて送られた。
文書の内容を紹介。
1995年、父の体調不良で宮司に就任した容疑者の元に脅迫状が送られ、神社庁などにも誹謗中傷する怪文書が出回ったため、姉に「今度脅迫状が届いたら警察に届ける」と告げると脅迫状が届かなくなった。
容疑者が宮司になり両親が自由に神社の財産が使えなくなり、姉が無断で経費として処理していた。
さらに文書では、姉を永久に富岡八幡宮から追放することと、容疑者の息子を富岡八幡宮の宮司に迎えることを要求し、実行されなければ「怨霊となり祟り続ける」と書かれている。
この事件は書類送検、不起訴が決まっている。
宗教、年金、台東区、文京区に言及。
作家・竹田恒泰のスタジオコメント。
深川八幡祭り(東京・江東区)の映像。
12/11(月)
(TBSテレビ[ゴゴスマ~GOGO!Smile!~])
富岡八幡宮(東京・江東区)の女性宮司殺害事件の最新情報。
犯罪ジャーナリスト・小川泰平(元神奈川県警察本部刑事。
柔道4段)が生中継で解説。
容疑者は姉を殺害後、妻の背中を刺して殺害しているが、これは心中なのか。
犯罪ジャーナリスト・小川泰平は「妻は容疑者との旅行を申し込んでいたため、容疑者の不意打ちではないか」と分析する。
容疑者の妻は運転手の右腕を日本刀で切りつけ、容疑者が「お前だけは許してやる」と叫んだという(日刊スポーツ)。
この運転手は姉が見込んで都内の大学に通わせるなどした人物。
犯行のきっかけについて小川泰平は「姉が宮司になり自分が再任される道がなくなったことと、八幡宮からの経済支援打ち切りの話がきっかけでは」と解説。
コンビニに言及。
Google earthの映像に東京メトロ門前仲町駅、深川公園あり。
12/11(月)
(TBSテレビ[ひるおび!])
富岡八幡宮宮司が弟に日本刀で切られ殺害されたとみられる事件について。
神社本庁は、GHQの神道指令を受け、神社関係3団体が設立した宗教法人。
神社本庁を母体とする関係団体「神道政治連盟」は政界に影響力を持っていると言われる。
神社本庁は姉を宮司と認めなかった。
周囲からは「放置されたのは異常事態」との声。
容疑者が犯行直前に投函されたとみられる“遺書”(手紙)がスポーツニッポンに届いた。
手紙によると、宮司だった父親が精神疾患を患ったため、容疑者が後を継ぎ宮司に就任。
容疑者が退任したのも、姉が中心の「卑劣極まりないクーデター」とした。
富岡八幡宮で働いていた自身の息子は、姉に追放されたと主張。
息子を宮司に迎えることを要求、実行されなかったときは「永遠に祟り続けます」としている。
江戸三大祭りの一つ・深川八幡祭りについても息子が宮司になれなかった場合は「一の宮と二の宮神輿を出すことを」禁じるとする。
出すと「神輿総代会の幹事総代とその子孫達を永遠に祟り続けます」。
スポニチ東京本社は富岡八幡宮日会東京都江東区越中島にある。
立川志らくは「家内安全なんて言えなくなっちゃう」とスタジオコメント。
東洋大学国際学部教授・横江公美は「横溝正史の映画みたい」とスタジオコメント。
本日の「スーパーJチャンネル」...
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組