JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年12月17日(日)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/12/08
テレビ東京 【ゆうがたサテライト】
宮司の地位巡りトラブルか
関連動画
“たたり続ける”2800通を投函依頼 宮司殺害事件(17/12/15) (再生)
東京・江東区の富岡八幡宮で宮司の姉が弟に殺害された事件で、弟が「たたり続ける」などと書いた3000通近くの手紙を犯行直前に投函(とうかん)するよう業者に依頼していたことが分かりました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

参拝客3割減か 富岡八幡宮の宮司殺害から1週間 (再生)
東京・江東区にある富岡八幡宮の女性宮司が殺害された事件は12月14日で1週間がたちます。年越しまで3週間を切った中、現場近くの住民からは参拝客の減少を懸念する声が上がっています。 富岡八幡宮の宮司・富岡長子さん(58)は2016年1月、氏子などの前で「深川のお祭りは歴史と伝統に支えられ、ずっと続いてきた」と、神社への愛着を語っていました。それからおよそ2年後となる2017年12月7日の夜、長子さんは帰宅したところを日本刀とみられる刃物で襲われ命を落としました。 事件を目撃者した人は「すごかった。最初は夫婦げんかかと思ったが、違うなと感じた。相当もめている感じ」「腕から指先の方まで血が流れているように見えた。現場に血だまりがあったので結構出血したのかなと感じた」などと話していました。 長子さんを殺害した疑いが持たれているのは、長子さんの弟で元宮司の茂永容疑者(56)と妻の真里子容疑者(49)です。茂永容疑者は長子さんを殺害した後、真里子容疑者を殺害し、自殺したとみられています。 事件の背景に見えてきたのは、宮司の座を巡る親族間のトラブルでした。姉弟を知る人からは「弟は見たことがないが、年中、問題を起こしているらしい。女性の宮司を脅迫したりいろいろな問題を起こしているようだ」「金遣いが荒くて評判が悪かった」などといった声も開かれました。 捜査関係者によりますと、茂永容疑者が書いたとみられる「長子さんが宮司を辞めるよう求める文書」が関係者など少なくとも23カ所に届いていました。文書には「私の要求が実行されなかった時は、怨霊となり、永遠に祟(たた)り続けます」と書かれていたということです。A4サイズの紙、8枚に記された文書の消印は事件翌日の8日で、事件の直前に送ったとみられています。 地元で「深川の八幡様」として親しまれる富岡八幡宮で起きた殺人事件に、参拝に訪れた地元の人たちは「お正月も頼み事できなくなる」「今回は(初詣の参拝客が)少なくなるんじゃないか。事件があって来づらいのではないか」「(参拝客には)来てほしい。地元としては悲しい」などと話していて、初詣の客が例年よりも少なくなるのではないかと心配の声も聞かれます。 地元商店街の関係者は今後、3割ほど参拝客が減る恐れがあるとして、事件の影響が広がらないよう祈るのみだとしています。

富岡八幡宮4人死傷 周到に襲撃計画か (再生)
江東区の富岡八幡宮で女性宮司が殺害された事件で、自殺した容疑者の男は、目立たない服装で1時間に渡り、待ち伏せするなど、周到な計画を立てていたとみられることが分かりました。 この事件は7日夜、江東区富岡にある富岡八幡宮の宮司富岡長子さんが刃物で襲われて死亡し、運転手の男性も襲われ、大けがをしたものです。 襲撃したのは富岡さんの弟の茂永容疑者と妻の真里子容疑者で、茂永容疑者は真里子容疑者を殺害した後、自分の胸を刺して自殺したとみられています。 捜査関係者によりますと茂永容疑者は日本刀を革の袋に入れて、現場に持って行ったということです。 また茂永容疑者らは黒や紺などの目立たない服装をして長子さんをおよそ1時間、待ち伏せしていたとみられ、警視庁は周到な計画を立てていたとみて調べています。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組