JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年02月25日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/02/11
BS1 【BSニュース】
【MLB】ドジャースFA・ダルビッシュ有投手・カブスと6年契約へ
関連動画
大谷翔平が初ブルペンで36球 「二刀流」順調本格化 キャンプ2日目 (再生)
【テンピ(米アリゾナ州)=住井亨介】米アリゾナ州テンピで行われている大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(23)は、キャンプ2日目となる15日、初めてブルペンで捕手を座らせて36球を投げ込んだ。「内容はまだまだこれから上げていく必要がある」としながらも、投打の「二刀流」へ投手としての調整を本格化させた。 ブルペンで投げ込んだ相手は、ゴールドグラブ賞を昨季獲得した正捕手のマルドナド。ストレートにスライダー、カーブ、フォークを織り交ぜ、計36球を2回に分けて投げた。 大リーグでは一般的な「アップダウン」と呼ばれる練習で、実際の試合の攻撃中のようにインターバルを取って再び投げ込む。 「1回目より2回目の方がよくなっていた。『最初としては良かった』と大谷には伝えたよ。今後が楽しみだ」 マルドナドがこう話すように立ち上がりの感触はまずまずだった様子で、「公式戦でバッテリーを組めれば光栄」などと表情を緩ませる余裕も出てきた。 また、オーナーのモレノ氏ら球団幹部が視線を注いだ打撃練習でも大きくアピール。35スイングして前日の7本を上回る12本を柵越えさせ、「グレート・スイング」との声も上がった。 エプラー・ゼネラルマネジャー(GM)が「打線のラインアップで(左右の)バランスを取るのは重要だ」と語るように、左打者の大谷にとって、右打者が多いチーム事情は二刀流を後押しする材料だ。 「二刀流の実現は(大谷の)タンクにどれだけの燃料が詰まっているかにかかっている」。独特の表現で期待を高めるエプラーGMに対し、大谷は「良い練習ができればおのずと良い結果が出る」と淡々。本領発揮はまだまだこれからだ。

エンゼルス大谷翔平 早くも「打」でアピール (再生)
【テンピ(米アリゾナ州)=住井亨介】大リーグでの第一歩を踏み出したエンゼルスの大谷翔平選手。投打「二刀流」への気負いを感じさせない自然体を貫くが、「キャンプを見てもらえれば分かる」と早くも実力発揮には自信を示した。 投手としての起用を第一に考え、打者・大谷の構想を「まだはっきり決めていない」とするソーシア監督をいきなりうならせた。この日ブルペンには入らず、守備練習をこなしたあとの打撃練習で33スイング中、7本を左右へ柵越え。 練習後の会見では、数人が一組となり、速いテンポで交代ながら打つ米国流の打撃練習について、「適応していく必要がある」としたものの、自身も手応えを感じた様子だ。 キャッチボール相手となった投手のペーニャを「まっすぐしか投げなかったけど、すごく良かった」とうなずかせるなど、チームメートの第一印象も上々。 絶対的なエースが不在なため1年目から先発の柱となる可能性がある中、チームは大谷が早く環境に順応し、休養日を増やせるようにと、今季の先発ローテーションを6人制とする方針だ。 周囲の期待に「自分のやってきたスタイルをしっかりここで発揮したい」と控えめにアピールしつつ、「(夢の実現を)目指している途中」とも。誰にもまねのできない挑戦が始まった。
関連ページ
気になるスポーツ


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組