JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年05月28日(月)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/05/18
TBSテレビ 【NEWS23】
北朝鮮・核実験場閉鎖・韓国メディアの取材拒否も?

Globali 海外メディア
関連動画
「米朝会談12日目指す」 米政府30人シンガポールへ(18/05/28) (再生)
米朝首脳会談を巡る駆け引きが続くなかで、アメリカのトランプ大統領は来月12日の開催を目指す方針に変わりがないことを明らかにしました。 トランプ大統領:「名前は言えないが、ここからそう遠くない場所で首脳会談に向けた交渉を続けている。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

南北首脳が再び会談 (再生)
韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は26日午後3時(日本時間同)から同5時まで、板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で会談した。両首脳の会談は4月27日の初会談以来1カ月ぶりで2回目。韓国大統領府提供【時事通信ソウル支局】映像素材の購入はこちらから https://www2.jiji.com/f/enq/form.php?pid=kiji

2度目の南北会談 金正恩氏「完全非核化」の再表明 (再生)
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長と26日に実施した2度目の南北首脳会談について発表した。金正恩氏が「朝鮮半島の完全な非核化」への意思を再表明したと明らかにした。トランプ米大統領も26日夜、いったん中止を表明した米朝首脳会談について「6月12日開催をめざす」と説明した。
関連記事
05/27(日)
(NHK総合・東京[NHKスペシャル])
来月の米朝首脳会談に向け、両国の駆け引きが加速している。
24日、トランプ大統領が首脳会談の中止を表明した。
トランプ大統領がキム委員長に宛てた会談中止の書簡の紹介。
両首脳の緊張を高める引き金となったのはキムケグァン外務次官の“我々に一方的に核の放棄だけ強要しようとするならば、米朝首脳会談に応じるかどうかを再考せざるを得ない”という発言だった。
反発の矛先はリビア方式を主張していた米国・ボルトン大統領補佐官だった。
リビア・カダフィ政権は崩壊した。
24日、北朝鮮事務次官・チェソニがペンス副大統領が軍事的な選択肢に触れたことに対し“政治的なまぬけ”と痛烈に批判した。
北朝鮮は豊渓里の核実験場の閉鎖作業を公開した。
しかし、核の専門家は招かなかった。
北朝鮮との非公式協議に参加した専門家は「交渉はまだ続いている」、米国政府対北朝鮮アドバイザーは「北朝鮮は完全に核放棄はしない」、トランプ大統領は「駆け引きは誰でもするだろう?」、元国務省北朝鮮人権問題担当特使・ロバートキングは「トランプ大統領が不信感を抱いた一つが北朝鮮の外務次官が発した敵意に満ちた声明」と述べた。
朝鮮中央テレビの映像。
05/27(日)
(BS朝日[BS朝日 日曜スクープ])
木曜日にプンゲリの核実験場の廃棄をしたとされる北朝鮮。
パフォーマンスに過ぎないとの見立てが多い中、別の狙いがあったのではとの見方もある。
安全保障問題専門家・村野将は「放射能漏れのようなことが実際にあるのではないかと思う。
爆発の威力を正確に測定するためには中の岩盤の硬さを調べる必要があるが、9月の水爆実験の時に正確にどのくらいの爆発が行われたのか、北朝鮮が現在持っている技術力を客観的に測定できる。
それをされたくないために専門家に見せなかったのではないか。
ある意味証拠隠滅のようなことをやっているといえなくもない」と話す。
川村晃司は「今回はとりあえず見せるという形で行けば、多くのメディアに集まってもらい目的は果たした。
次は専門家を入れた調査を行うという確約が大切」とスタジオコメント。
AbemaPrime。
05/27(日)
(BS朝日[BS朝日 日曜スクープ])
米朝首脳会談の中止について、拉致被害者家族会・飯塚繁雄代表は「今回こそはきちっとした決着をつけたいとの思いが強い。
いい加減な会議のための会議では困る。
今回の中止延期についてはある意味適正な判断だったと思う」と話す。
安倍首相も「今回のトランプ大統領の判断を尊重し支持する。
拉致問題が実質的に前進する機会となる」とした。
拉致被害者5人が帰国してから15年7か月。
しかし北朝鮮は日本政府が認定している拉致被害者の12人について8人死亡、4人は未入国としている。
拉致の可能性を排除できない事案は800人以上。
2014年のストックホルム合意で、北朝鮮は制裁緩和と引き換えに拉致被害者の再調査を日本に約束した。
しかしミサイル発射や核実験を繰り返したため、日本政府は“独自制裁”を決定。
これを受け北朝鮮は2016年に特別調査委員会の解体、調査の中止を表明した。
今月12日にも“拉致問題はすでに解決済み”と日本をけん制している。
特定失踪者問題調査会・荒木和博代表はポイントとして「1人でも2人でも取り返すことが必要。
さらに日本人による調査を受け入れさせること」という。
埼玉・春日部市、ロシア・サンクトペテルブルク、スウェーデン・ストックホルム、北朝鮮・金正恩委員長の映像。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組