JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年06月24日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/06/13
NHK総合 【ニュースウォッチ9】
選挙制度自民党案めぐり・参院議長・対案促すも野党反発
関連記事
06/24(日)
(NHK総合・東京[NHKニュース])
NHKの日曜討論。
参議院の選挙制度について。
共産党・小池書記局長は「合区で議席を失う議員の救済制度。
党利党略、究極のご都合主義だ」、日本維新の会・馬場幹事長は「全国的な地方議会の流れは、人口減にともなって、定数は減らしていくのが主流。
なぜ国会だけが定数を増やすのか、国民の理解が全く得られない」、自由党・森幹事長代理は「合区導入を進めたのは自民党。
小股から案を出してきた。
全く説得力がない」、希望の党・行田幹事長は「自民党案は合区でもれた現職議員を救済する案。
国民の理解を得られない」、社民党・吉川幹事長は「自民党案は、究極の党利党略。
裏口入学のようなものと言わざるを得ない」と述べた。
06/24(日)
(NHK総合・東京[NHKニュース])
NHKの日曜討論。
参議院の選挙制度を巡り自民党は、1票の格差を是正するため定数を6増やすなどとした公職選挙法の改正案に理解を求めましたが。
野党側は「党利党略の案で国民の理解は得られない」として、反対する考えを示した。
自民党・柴山筆頭副幹事長は「憲法改正で広域自治体ごとに代表を選べる余地を残していくべきと訴えてきたが、次善の策として「特定枠」とする。
参議院行政監視委員会の通年化をはじめ行政をチェックする機能を重視する。
定数の増加も正当化される。
1票の格差が3倍は切ることができる一歩前に踏み出せているのではないか」、立憲民主党・福山幹事長は「会期末に突然出てきた。
合区で立候補できない自民党議員を救済されるための案で論外」、国民民主党・古川幹事長「党利党略ここに極まれり。
到底認められない」、公明党・斉藤幹事長代行は「ブロックごとの大選挙区制を提案しているが、各党の合意が得られない。
今国会で何もしなければ、次の参院選、最高裁から違憲判決が出るのは明々白々」と述べた。
06/24(日)
(NHK総合・東京[日曜討論])
参議院の選挙制度については、1票の格差を是正するため2016年の参議院選挙から選挙区の定数を「10増10減」し、隣接する2つの選挙区を1つにする「合区」を鳥取県と島根県、徳島県と高知県の2か所で行っている。
これを定めた改正公職選挙法では、2019年の参議院選挙に向けて選挙制度の抜本的な見直しを検討し必ず結論を得るとしていた。
こうした中で自民党などが今月、公職選挙法の改正案を提出した。
法案では1票の格差を3倍未満におさえるため、議員1人あたりの有権者が最も多い埼玉選挙区の定数を2増やすことにしている。
また比例代表の定数を4増やした上で「特定枠」を導入するとしている。

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組