JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年07月23日(月)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/07/12
BSフジ 【プライムニュース】
言いたい事、聞きたい事
関連動画
航空自衛隊千歳基地で航空祭 約8万4000人が来場 政府専用機も展示 北海道千歳市 (18/07/22 19:20) (再生)
航空自衛隊千歳基地では7月22日、基地内を一般開放して、航空祭が開かれました。 航空祭は、自衛隊の活動を知って理解を深めてもらおうと、毎年行われています。 会場では、ブルーインパルスが華麗なアクロバット飛行を披露した他、航空自衛隊の戦闘機など、約30機が展示されました。 また今年度で運用を終える、ボーイング747、政府専用機2機も展示され、訪れた人たちは、間近で見ることが出来る最後の機会とあって熱心にカメラに収めていました。 航空自衛隊によると22日一日で、8万4000人が訪れたということです。

ナゼ今? 最後の砦 「PAC-3」札幌市中央区の住宅地に 米朝首脳会談後 訓練 初 公開 北海道 (18/07/18 19:30) (再生)
7月18日朝、札幌市の住宅地に姿を現した、自衛隊の地上配備型迎撃システムPAC‐3。全国的に実施されているPAC‐3の訓練ですが、6月の米朝首脳会談以降、18日が初めての公開となりました。なぜ、このタイミングで訓練が行われたのでしょうか? 佐藤創記者:「先月行われた米朝首脳会談以降、初めてのPAC‐3の訓練です。ご覧ください。発射機が札幌の街中で立ちあがりました」 18日午前7時過ぎ、札幌市中央区の住宅街のすぐ横で、自衛隊のPAC‐3を使った訓練が行われました。 このPAC‐3。北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本の領土に向かって落ちてくるところを地上から撃ち落とすものです。まさに最後の「砦」…。 2017年、北海道では北朝鮮の弾道ミサイルが相次いで襟裳岬上空を通過しました。 6月12日に行われた、史上初の米朝首脳会談。朝鮮半島の完全な非核化と朝鮮戦争の終結に向けた共同声明に署名したばかりのはず…。しかし、なぜこのタイミングでまるで北朝鮮を刺激するかのように札幌市で訓練を行うのでしょうか…。 寺崎勝浩隊長:「今日の訓練のタイミングにつきましては上級部隊の決定する事であり我々がお答えする立場にないが、こういった訓練を通して、我が国の抑止力、対処力をしっかりと(北朝鮮に)顕示することが重要である」 自衛隊は北朝鮮の脅威に対して、今も緊張感を持って訓練に臨んでいました。 寺崎勝浩隊長:「北朝鮮の核ミサイル問題につきましては、CVID、完全検証可能かつ不可逆的な方法による(核)廃棄に向けた努力が必要である」 一体いつになれば、私たちはミサイルに怯えない安心した生活が取り戻せるのでしょうか…。

西日本豪雨、「災害発生から72時間」 捜索・救助活動続く (再生)
西日本を中心とした記録的な大雨による被害は各地で拡大し、読売新聞のまとめでは、9日午後0時半現在、広島、愛媛など12府県で97人が死亡、8府県で63人が行方不明となっている。生存率が急激に低下するとされる「災害発生から72時間」が同日夜に迫るなか、自衛隊や警察などが不明者の捜索・救助活動に取り組んでいる(読売ヘリから)=大阪本社写真部 菊政哲也撮影 2018年7月9日公開番組、CM、イベントで動画を利用する場合はこちらから →http://www.yomiuri.co.jp/policy/application/20180321-OYT8T50001.html
関連記事
07/23(月)
(BS1[BSニュース])
佐賀空港への自衛隊の輸送機・オスプレイの配備計画をめぐり、小野寺防衛相は、佐賀県・山口知事と会談し、機体の安全性などを説明し配備への協力を要請した。
防衛省は、尖閣諸島などの防衛強化の一環として、輸送機・オスプレイを佐賀空港に配備する計画だが、2月に、佐賀県・神埼市で陸上自衛隊のヘリコプターが墜落する事故があり、地元との協議が中断していた。
協議を再開するため、小野寺防衛相はきょう佐賀県を訪れ、山口知事と会談し協力を要請した。
防衛省は、オスプレイを運用する際は、空中給油や発着艦の訓練を、佐賀県上空や有明海で行わないことを説明した。
これに対して山口知事は、説明を今後精査して確認したいと述べるにとどめた。
小野寺防衛相のコメント。
佐賀県・山口知事のコメント紹介。
佐賀県・山口知事、佐賀県庁、オスプレイ、佐賀・神埼の映像。
07/23(月)
(BS1[BSニュース])
尖閣諸島などの防衛強化の一環として防衛省は自衛隊の輸送機オスプレイを佐賀空港に配備する計画だが、2月に佐賀県神埼市で陸上自衛隊のヘリコプターが墜落する事故があり地元との協議が中断していた。
協議を再開するため小野寺防衛相はきょう佐賀県を訪れ佐賀県・山口知事と会談し「操縦要員や整備要員の要請や教育訓練に万全を期したい」と機体の安全性を説明し配備への協力を要請。
防衛省は運用する際は空中給油や発着艦の訓練を佐賀県の上空や有明海で行わないことを説明。
これに対し山口知事は「説明を今後精査して確認したい」と述べるにとどめた。
オスプレイ、佐賀・神崎、佐賀県庁の映像。
07/23(月)
(BS1[BSニュース])
佐賀空港への自衛隊の輸送機・オスプレイの配備計画をめぐり、小野寺防衛大臣は、佐賀県・山口知事と会談し、機体の安全性などを説明し配備への協力を要請した。
防衛省は、尖閣諸島などの防衛強化の一環として、輸送機・オスプレイを佐賀空港に配備する計画だが、2月に佐賀県神埼市で陸上自衛隊のヘリコプターが墜落する事故があり、地元との協議が中断していた。
協議を再開するため、小野寺防衛相はきょう佐賀県を訪れ、山口知事と会談し協力を要請した。
小野寺防衛大臣は「オスプレイの安全性は問題ないと評価している」とコメント。
また防衛省はオスプレイを運用する際は、空中給油や発着艦の訓練を、佐賀県上空や有明海で行わないことを説明した。
これに対して山口知事は、説明を今後精査して確認したいと述べるにとどめた。
佐賀県庁の映像。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組