JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年08月17日(金)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/08/13
BSジャパン 【Newsモーニング・サテライト】
トルコ・利上げを改めて否定
関連記事
08/17(金)
(BSジャパン[日経プラス10])
米国とトルコの対立は今後どのような展開を見せるのか。
米国ムニューシン財務長官は追加制裁の可能性を示唆した。
米国が特に問題視しているのはトルコにいる米国人牧師・アンドリューブランソンの拘束である。
リラ相場は一服しつつあるものの市場参加者の間では米国がさらなる制裁に踏み切れば再びリラが急落するリスクが高まるとの声も上がっている。
日本経済新聞欧州編集総局・石川陽平デスクは「トルコの市場は現在落ち着きつつあるように見えるが予断を許さない」とした。
フィナンシャルタイムズ・ダンドンビー(デビューティーワールドニュースエディター)は「トルコと米国の状況は異常事態である。
米国はNATO同盟国のトルコに制裁。
エルドアン大統領はiPad・iPhoneをボイコットすると発言。
逆に米国のペンス副大統領は追加制裁もあり得ると主張。
ただトルコでは米国への報復が国内経済を減速させるとの意見も。
どちらの意見が勝るのか興味深い」と話す。
さらに「トルコは欧州と中東の中間に位置しており双方の市場に関係している。
しかし民間企業の債務、特に外貨建て負債が急増している。
外部からのショックに弱く政府が内需拡大策を打ち出している。
預金率も低く経常赤字も大きい。
現在の成長率を維持することは不可能」という。
トルコ問題の余波については「何かのきっかけで資産価値が下落しユーロが急落する可能性がある」と指摘。
アルゼンチン中央銀行の映像。
「日経平均株価」のグラフを紹介。
日本経済新聞・鈴木亮のスタジオ解説。
08/17(金)
(TBSテレビ[Nスタ])
トルコによる米国人牧師の拘束をめぐる対立が続く中、ムニューシン財務長官は牧師が速やかに解放されなかった場合「さらなる追加制裁を用意している」と威嚇した。
トランプ大統領も「トルコは良い友人ではない」とけん制するなど強硬姿勢を前面に出している。
トルコからの鉄鋼製品の関税を引き上げるなどしたことでトルコでは通過リラが急落するなど経済面でマイナスの影響が出ている。
08/17(金)
(BS1[ワールドニュース])
トルコ・エルドアン大統領による米国製品ボイコットの呼びかけに応じる動きが様々な国の多くのトルコ人、アラブ人、イスラム教徒の間でみられた。
トルコリラの対ドル為替レートの下落の経済的影響を抑える為のもの。
両替所組合によると危機が始まってから数日の間に数千万ドルがトルコリラに交換されたという。
国民のコメント。

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組