JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年12月19日(水)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/12/09
フジテレビ 【FNNプライムニュース デイズ】
ブランド店から略奪も・パリのデモ・一部暴徒化
関連動画
メガネのパリミキ
メガネのパリミキ/三城 この国は、見たいものであふれている。/「美しい国の美しい眼鏡」/MADE IN JAPAN project/日本製フレーム(超うす型遠近両用レンズ付)¥19800~(税込),波瑠
メガネのパリミキ
メガネのパリミキ/三城 この国は、見たいものであふれている。/「美しい国の美しい眼鏡」/MADE IN JAPAN project/日本製フレーム(超うす型遠近両用レンズ付)¥19800~(税込),波瑠
関連記事
12/19(水)
(BS-TBS[報道1930])
COP24の主役ともいえる国々をみる。
COP24議長・クリッティカ副環境大臣のコメント。
パリ協定は全ての国が地球温暖化対策に取り組む。
史上初のルールとして「画期的な合意」と評価。
その時交渉を主導したのはCO2の2大排出の米国と中国そして議長国のフランスだった。
そかし今回のCOP24ではその時とは大きく空気が変わっている。
昨年6月、大統領選の時からトランプ大統領は地球温暖化問題をでっち上げだと批判してきた。
トランプ大統領はパリ協定の離脱を表明。
すでに途上国への温暖化対策支援のための「基金」への排出も停止した事から先進国と途上国の関係は悪化していた。
パリ協定離脱を表明した米国だが、交渉には参加し積極的に発言した。
その理由は中国などに有利なルールを作られるのを避けるため。
米国政府高官は「米国は豊富な天然資源をそのままにしない。
いかなる国も経済的繁栄やエネルギー安全保障を犠牲にすべきではない」とした。
会場は爆笑に包まれ、罵声が飛び交った。
存在感を現したのは中国。
中国は途上国側について有利なルールを主張し先進国から多額な資金を引き出した。
COP23でフランス・マクロン大統領は「ヨーロッパが米国の変わりにならなければならない」と語った。
しかし温暖化対策のための燃料税の引き上げに抗議するデモが起こり、その混乱は今も続いている。
米国オバマ前大統領、中国・習近平国家主席、ポーランド、フランス・パリの映像。
本日の「FNNプライムニュース デイズ」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組