JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年01月20日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/12/30
BSテレ東 【小谷真生子経済ルポスペシャル トヨタ100年の死闘 車の激変を徹底取材!】
独占!“究極カー”へ驚きの巨額投資
関連動画
警察官らサポカー体験 事故の捜査や抑止に活用へ 千葉県警 (再生)
千葉県警の警察官らが自動ブレーキ機能などを搭載した「安全運転サポート車(サポカー)」を体験する講習会が、同県東金市の警察学校で開かれた。交通事故の捜査や抑止活動に役立てようと、県警と県内のトヨタ販売店グループが協力して実施した。2018年12月の講習会に参加したのは、交通部の警察官や警察学校生ら約120人。販売店の従業員が運転する車に乗り、自動ブレーキ機能やブレーキの踏み間違い時のサポート機能を体験した。時速20キロほどで走る車は障害物の数メートル手前で警報音を鳴らし、直前で完全にストップした。一方で、販売店員は「あくまでサポートするだけ」と強調した。自動ブレーキ機能がついている車両でも時速50キロ以上出ていたり、警報が鳴ってもブレーキを踏まなかったりすると完全に停止しないことがあるという。

トヨタ「スープラ」17年ぶり復活 レース仕様車公開 (再生)
【日経電子版 映像】https://www.nikkei.com/video/トヨタ自動車は、高性能スポーツカー「スープラ」を今年17年ぶりに復活させるのに合わせ、レース仕様車を公開した。2020年からスープラで「SUPER GT GT500」クラスに参戦する。
関連記事
01/20(日)
(BS1[BSニュース])
トヨタ自動車とパナソニックは一昨年、電気自動車の基幹品となる電池の共同開発などを検討することで合意し、協業の内容について協議を進めてきた。
その結果、関係者によると両社は、電気自動車向けの電池を生産する新会社を来年にも設立する方針を固めた。
新会社にはトヨタが51%、パナソニックが49%を出資し、パナソニックが日本と中国に持つ電池の生産設備の大半を移して、量産体制を整える方向で調整している。
一方、パナソニックが米国の電気自動車メーカー「テスラ」と共同で運営する米国ネバダ州の工場は含まれないという。
電気自動車の普及が世界的に加速する中、トヨタは2030年をめどに、年間販売台数の約半分にあたる550万台を電気自動車などの電動車にする方針だが、走行距離などの性能を左右する電池の分野では、中国メーカーの存在感が高まっている。
両社では、新会社の設立で生産規模を拡大させるとともに、走行距離が大きく伸びるとされる次世代の電池「全固体電池」の共同開発も加速させることにしていて、競争力を高めたい考え。
開発中の全個体電池の映像。
01/20(日)
(BS1[BSニュース])
トヨタ自動車とパナソニックは一昨年、電気自動車の基幹品となる電池の共同開発などを検討することで合意し、協業の内容について協議を進めてきた。
その結果、関係者によると両社は、電気自動車向けの電池を生産する新会社を来年にも設立する方針を固めた。
新会社にはトヨタが51%、パナソニックが49%を出資し、パナソニックが日本と中国に持つ電池の生産設備の大半を移して、量産体制を整える方向で調整している。
一方、パナソニックが米国の電気自動車メーカー「テスラ」と共同で運営する米国ネバダ州の工場は含まれないという。
電気自動車の普及が世界的に加速する中、トヨタは2030年をめどに、年間販売台数の約半分にあたる550万台を電気自動車などの電動車にする方針だが、走行距離などの性能を左右する電池の分野では、中国メーカーの存在感が高まっている。
両社では、新会社の設立で生産規模を拡大させるとともに、走行距離が大きく伸びるとされる次世代の電池「全固体電池」の共同開発も加速させることにしていて、競争力を高めたい考え。
開発中の全個体電池の映像。
01/20(日)
(BS1[BSニュース])
トヨタ自動車とパナソニックは、電気自動車向けの電池を共同で生産する新会社を来年にも設立する方針を固めた。
電気自動車の普及が世界的に加速する中、電池の量産体制を整え、競争力を整えたい考え。
中国、テスラ、米国・ネバダ州に言及。
関連ページ
いま経済は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組