JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年01月20日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/01/15
NHK総合 【おはよう日本】
阪神淡路大震災から24年・外国人の災害時の支援は-
関連動画
阪神大震災24年 (再生)
2019年1月17日撮影。阪神淡路大震災から24年を迎えた兵庫県内各地の被災地では、夜になるまで追悼行事が行われた。同県芦屋市の精道小では追悼式が行われ、西宮市では当時の状況を追体験するメモリアルウォークを実施、また神戸市中央区のHAT神戸では東日本大震災の発生時刻に黙とうがささげられた。同区の東遊園地では、燈籠の周りで手を合わせる人の姿が絶えなかった。

姉は我が子を抱いたまま…神戸の住職を動かす声なき声 (再生)
阪神大震災前日の1995年1月16日夕、神戸市兵庫区の光明寺はにぎやかだった。山西昭義住職の姉・宏美さん(当時35)が、生後6カ月の華奈ちゃんを抱いて東京から戻ってきた。みんなで華奈ちゃんの面倒をみられるように1階の部屋を用意し、ベビーベッドを置いたばかりだった。翌午前5時46分、震度7。妊娠4カ月の妻と2階で寝ていた山西さんは庭に落ち、生き埋めに。左肩に土壁、右肩に屋根の梁、両足の間に柱。山西さんと重なり合うように、仰向けになっていた妻が言った。「おなかの子を守らなきゃ。とっさに体をひっくり返して背中から落ちたの」。しばらくして妻は隙間から、山西さんも自力で抜け出した。母が「ひろみー、ひろみー」と叫んでいた。夕方、がれきの中から2人の遺体が見つかった。宏美さんはやさしい顔で華奈ちゃんを抱きしめていた。

阪神淡路大震災から24年 県庁で緊急訓練 震度6弱の地震を想定 情報収集など初動対応を確認 福岡県 (19/01/17 12:12) (再生)
阪神淡路大震災から24年となる17日、福岡県は、地震発生の際、初動対応にあたる職員の緊急呼び出し訓練を行いました。訓練は午前6時、電話による一斉連絡でスタートしました。対象は2018年度、新たに「緊急初動班」に指名された31人で、事前に訓練日は知らされておらず、徒歩か自転車で県庁に駆けつけ、階段で9階にある災害対策本部に集まりました。訓練は福岡県北西沖で最大震度6弱の地震が発生したという想定で、集まった職員は被害情報の収集など初動対応を確認しました。日は業務の都合や体調不良の職員を除く25人が1時間15分以内に出勤できたということで、担当者は訓練を通して「即応態勢を強化したい」と話していました。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組