JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年04月26日(金)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/03/25
BS1 【BSニュース】
「徴用」裁判・三菱重工の資産差し押さえ認める
関連動画
原発溶融燃料取り出すロボットアームを公開 (再生)
三菱重工業と国際廃炉研究開発機構(IRID)は24日、東京電力福島第1原発の原子炉格納容器底部に溶け落ちた核燃料(デブリ)を取り出すロボットアームを、神戸市内で報道陣に公開した。東電などは原子炉内部でデブリの調査を進めており、将来的な大規模な取り出しに向け、性能を高めていくという。 ロボットアームは原子炉の側面からレールを通じて遠隔操作で投入する。底面に堆積したデブリを削り、アームの先端を取り換えて搬出。装置に付けた照明やカメラを使い、暗闇の環境でも高い精度でデブリにたどり着けるという。 1日300キロを取り出し、開始から10年での完了が目標。今後、改良を進め、アームのスピードや処理能力を上げていく。【時事通信大阪支社】映像素材の購入については時事通信フォトへお問い合わせください https://www.jijiphoto.jp

旧優生保護法 被害者の救済法成立 参議院本会議で全会一致で可決 (再生)
旧優生保護法下で障害者たちに強制的に不妊手術が繰り返されていた問題で、被害者への「反省とおわび」を明記し一時金320万円の支給を盛り込んだ強制不妊救済法案が24日の参議院本会議で全会一致で可決され成立しました。旧優生保護法を巡っては、1948年から1996年の間に、障害があるおよそ2万5000人に対し、国が強制的に不妊手術や中絶手術を行ったことが分かっていて、全国で被害者が国に損害賠償を求める訴訟を起こしています。そんな中、旧優生保護法の被害者を救済する強制不妊救済法が24日、参議院本会議で、全会一致で可決、成立しました。 救済法には、「われわれはそれぞれの立場において、真摯に反省し、心から深くお詫びする」とし、一時金320万円を支給するとしています。これを受け、県内の被害者たちが、弁護団を通して胸の内を明らかにしました。 弁護団によりますと、被害者たちは「不妊手術を受けさせられて大切なものを奪われた。320万では納得できない」「年老いた夫婦を支えてくれる子どもがいない。 国は人権をないがしろにしている」と不満を表しているということです。被害者と国には大きな隔たりがあり、来月には仙台地裁で旧優生保護法を巡って初めての判決が言い渡されます。

三菱重工業 燃料デブリの取り出し技術公開 (再生)
原子力発電所を廃炉する際に必要となる燃料デブリを取り出す技術が三菱重工業で報道陣向けに公開されました。日公開されたのはアクセスレールとロボットアームを組み合わせた動作試験です。この動作は溶けた燃料などが冷えて再び固まった、いわゆる「燃料デブリ」を取り出す際の作業のひとつで、原子力発電所を廃炉するときに用いられる技術です。日は燃料デブリが硬くても対応できるように作られた高出力のロボットアームがデブリを回収し、ユニット缶に移送するまでの工程が公開されました。この技術はまだ試作の段階だということで、今後小規模なものから始め、技術の向上を図っていきたいとしています。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  営業マン横道日記
人気ランキング
注目番組