JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年05月21日(火)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/05/18 15:13
BS1 【BSニュース】
GDP“小幅マイナス”多くの調査会社予測
関連動画
【報ステ】GDP2期連続プラスも・・・増税・ダブルは(19/05/20) (再生)
内閣府が発表した1~3月期の実質GDP=国内総生産は年率換算で2.1%のプラス成長となった。政府の公共投資が大幅に増えたことや消費増税前の駆け込み需要で住宅の売れ行きが好調だった。ただ、内需の柱である『個人消費』と『企業の設備投資』がマイナスに転じている。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

菅長官「経済運営に万全」 消費増税への影響否定(19/05/20) (再生)
内閣府が発表した1月から3月期の実質GDP(国内総生産)成長率は年率で2.1%で2期連続のプラス成長となりました。 菅官房長官:「我が国の経済については、中国経済の減速などから輸出や生産の一部に弱さもみられますが、雇用や所得など内需を支えるファンダメンタルズはしっかりしている。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

1-3月 年率2.1%成長 (再生)
内閣府が発表した1月から3月期のGDP=国内総生産は、物価変動の影響を除いた実質の伸び率が前の3ヵ月に比べプラス0.5%、年率換算では2.1%のプラスでした。プラス成長は2四半期連続です。内訳をみますと、「公共投資」がプラス1.5%と高い伸びを示しプラスに寄与しました。企業の「設備投資」は製造業を中心に投資を先送りする動きが広がったことから、マイナス0.3%となりました。「個人消費」も、食料品の値上げが相次ぎ、消費者の節約志向が強まったことなどから、マイナス0.1%と振るいませんでした。「輸出」は中国を中心とした海外経済の減速が影響しマイナス2.4%。「輸入」は内需の弱さを反映し、マイナス4.6%と大幅な減少となりました。輸入の減少幅が輸出の減少幅を上回ったため、GDPにはプラスに寄与する結果となっています。
関連ページ
いま経済は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組