テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
2019/06/15
NHK総合 【ニュース・気象情報】
日産・ルノーの棄権回避へ調整
関連動画
【報ステ】多額損失の農水系ファンド 退職金先送り(19/06/26) (再生)
農林水産省が所管する政府系ファンド『農林漁業成長産業化支援機構』の株主総会が26日に開かれた。農林漁業成長産業化支援機構は、政府が成長戦略として300億円を出資したが、累積損失が92億円に膨れ上がっている。株主総会では、破綻した事業を担当した役員への退職金支給について、議決を先送りした。1カ月ほど精査し結論を出すという。1400万円の満額支給に批判が高まっていることを考慮したとみられる。総会の後、光増安弘社長は、昨年度の投資額の約9倍となる110億円に拡大した今年度の投資計画について、「10年後には成果を示せるように頑張っていく」と述べた。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

シェアハウス不正融資 スルガ銀 株主総会冒頭から大荒れ (再生)
シェアハウスのオーナーへの不正融資などが発覚した、スルガ銀行の株主総会が26日に開かれ、大荒れとなった。↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00419859CX/201906261842_SUT_CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

九電株主総会 “原発テロ対策遅れ”で社長の解任要求を否決 場外では原発反対を訴え 福岡市 (19/06/26 19:25) (再生)
原子力発電所の再稼働に伴い、4年連続の黒字を確保した九州電力の株主総会が開かれました。原発のテロ対策の遅れを理由に社長の取締役解任を求める株主提案が出されましたが、否決されました。日午前10時から福岡市内のホテルで始まった九電の株主総会。年も会場の外では市民団体が「反原発」を訴えていました。【九電 瓜生道明 会長】「ご多忙中のところ多数ご出席いただきましてまことにありがとうございます」年悲願の原発4基体制に復帰し、2018年度の決算で4年連続の黒字を確保した九電。日の総会で焦点となったのは、国が設置を義務付けている「テロ対策施設」の工事の遅れについてです。川内原発ではテロ対策施設の完成が国の示す設置期限に間に合わず、1号機と2号機は2020年3月以降、運転停止に追い込まれる見通しとなっています。総会ではテロ対策の遅れの責任を問う声が上がり、池辺和弘社長の取締役解任を求める株主提案が出されましたが、反対多数で否決されました。【株主】「何を言ってもしょうがない。なるようにしかならない」「(テロ対策施設の設置は)原子力規制委員会から言われたことでしょ。 それをほったらかしたということは怠慢です」【九電 池辺和弘 社長】「できれば(原発が)止まらないのが一番です。 (状況は)厳しいので何か方法はないか、いま一生懸命探っている。 (止まるのは)一過性のことであって、きちんと(施設を)つくって4基体制でやっていく」九電は玄海原発のテロ対策施設についても期限内に完成させる努力を尽くすとしていますが、間に合うかどうかは不透明な状況です。

テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.