テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
2019/06/14 22:54
BSテレ東 【日経プラス10】
<今日の電子版>ロシア中銀が利下げ・年7.5%に

Globali 海外メディア
プーチン大統領;ロシアメディア・市民の抗議に屈し、反腐敗調査報道記者誤認逮捕を理由に警察幹部を解任【米・英国メディア】
習近平国家主席;米中貿易紛争に打ちひしがれるも、ロシア及びインド首脳との連携強化で元気回復【米メディア】
トルコと西側諸国の関係悪化懸念
ロシアのジャーナリスト、麻薬容疑で自宅監禁となる
ロシア;イランとのロシア製S-400ミサイル防衛システム取引に関わる報道を全面否定【米メディア】
関連動画
ロシア正教会代表団が訪朝 駐北朝鮮ロシア大使らが出迎え (再生)
ロシア正教会のフェオファン大主教率いる代表団が14日、北朝鮮・平壌に到着した。

「自分は日本人」サハリンのろう者、手話で伝える思い (再生)
第2次大戦が終わるまで日本が南半分を統治していたロシアのサハリンで2018年、自らを「日本人だ」と信じる男性が見つかった。これまで名乗り出なかったのは、聴覚障害者のため、家族との交流さえ難しかったからだ。男性の戦後は終わっていない。 男性はサハリン南部コルサコフに住むヒラヌマ・ニコライさん(74)。記者が5月に現地で話を聞いた。ヒラヌマさん本人によると、1944年7月1日にサハリンのゴルノザボーツク(内幌)で生まれ、もとの名前は「ヒラヌマ・エイシン」。炭鉱で働く父「イントゥル」、母「ケイントゥ」と妹の4人家族。終戦直後に父は死亡。母は朝鮮人男性と再婚し、さらに2人の妹が生まれた。 これらの事実をヒラヌマさんが知ったのは、13歳ごろに文字や手話を学校で習ってからだ。当時の姓は「ムン」で、義父を実の父だと思っていた。3歳のとき病気で聴力を失ったが、家族は手話ができないため、食事のときを除いて何かを伝えることもなかった。 文字を覚えた後、休暇で学校の寮から戻ったとき、自宅で書類を見つけて衝撃を受けた。「ヒラヌマ」姓で実の父と母、自分の名前が書かれていたからだ。「ヒラヌマが姓なら実の両親と自分は日本人だ」と考えるようになった。ただ、母はその直前に亡くなっていた。義父や妹からも詳しい話は聞けなかった。://www.asahi.com/articles/ASM635V6PM63UHMC001.html

デモ隊と警官隊が衝突、記者ら多数拘束 (再生)
ロシアのインターネットメディアの記者が麻薬を所持したとして警察に一時拘束された問題で、モスクワで6月12日、事件に抗議するデモ隊が警官隊と衝突した。ロシア国営ノーボスチ通信によると、デモに参加したり取材したりしていた記者を含む、200人以上が警察に拘束された。記者が拘束されたメディアは10社近くにのぼる

テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.