テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
2019/06/15
NHK総合 【おはよう日本】
西~北日本あすにかけ土砂災害など十分注意
関連動画
【報ステ】令和初の台風か・・・沖縄で大雨に警戒(19/06/26) (再生)
梅雨前線と南の海上にある熱帯低気圧の影響で、沖縄県では26日朝から非常に激しい雨が降った。那覇市では1時間に54.5ミリを観測し、道路が冠水した。土砂災害の恐れがあるとして、午後10時現在、那覇市や浦添市など4つの市で避難勧告が出ている。警戒レベルは5段階のうちレベル『4』で、速やかに避難するよう呼び掛けている。沖縄本島には南の海上から別の熱帯低気圧が接近していて、令和になって初めての台風に変わるとみられていて、27日にかけて西日本の太平洋側に近付き、28日には東日本の太平洋側に進む恐れがある。27日までの24時間で四国では300ミリ、九州南部では250ミリの雨が予想されている。関東も28日朝に激しい雨になる恐れが出てきている。こうしたなか、深刻な水不足になっていた九州北部などで、観測史上最も遅い梅雨入りとなった。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

【全国の天気】台風発生へ 西日本に接近・上陸か(19/06/26) (再生)
沖縄ではすでに大雨となっていますが、あすにかけては台風が発生する可能性があり、大雨の範囲が広がりそうです。南の海上には2つの熱帯低気圧があり、このうち南の低気圧が今後、台風になる予想です。その予想ですが、今夜遅くに沖縄や奄美には熱帯低気圧のまま近付きます。その後、あす朝には台風に変わり、日中は九州や四国に接近する恐れがあります。さらに、梅雨前線があす、日本海上まで北上し、その前線に向かって暖かく湿った空気の流れ込みも強まるため、各地で雨雲が発達しそうです。 まず、大雨に警戒が必要なのが沖縄と奄美方面です。今夜も非常に激しく降りそうです。さらに150ミリの雨量が予想されています。また、九州や四国の太平洋側もあす朝にかけて断続的に強い雨になり、さらにあす日中はより発達した雨雲が掛かります。激しい雨が何時間も降り続く恐れがあります。また、東日本から東北にも雨雲が広がり、局地的に激しく降ることがありそうです。予想雨量は特に四国で300ミリ、九州南部で250ミリと多く、災害発生の危険度が高まります。自治体からの警戒レベルの情報など、こまめに確認して下さい。では、各地の雨の警戒時間帯です。 沖縄はすでに土砂災害警戒情報が出ていて、今夜も気が抜けない状況です。九州・四国では太平洋側であすにかけて警戒時間帯が長く続きます。あす日中は沿岸部中心に風も強まりそうです。近畿や東海はあす昼ごろから北陸や東北はあす夕方以降、警戒が必要で関東も金曜日の朝に激しい雨になる恐れが出てきています。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

あすにも台風発生へ 西日本に接近・上陸の恐れ(19/06/26) (再生)
日本の南にある熱帯低気圧は27日にかけて台風に発達する見込みです。この熱帯低気圧の影響で沖縄ではすでに非常に激しい雨が降っていて、土砂災害に警戒が必要です。 気象庁は26日朝、日本の南にある熱帯低気圧が24時間以内に台風に発達するという予想を発表しました。沖縄ではすでに雨が強まっていて、1時間に50ミリを超える非常に激しい雨を観測し、土砂災害警戒情報が発表されています。熱帯低気圧は27日未明までには台風に発達し、午後には西日本に接近・上陸の恐れがあります。朝までに予想される雨の量はいずれも多い所で九州南部で250ミリ、沖縄で180ミリなどとなっています。土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫などに警戒が必要です。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.