テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
2019/06/15
NHK総合 【週刊まるわかりニュース】
<今週のランキング>3位・“老後に・約2000万円”
関連動画
「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会 (再生)
金融庁の「老後2000万円問題」の報告書を巡り、政府の説明と、年金受給額のアップなどを求める抗議集会が26日、東京・永田町の首相官邸前で開かれた。【撮影・松崎進】2019年6月26日公開
関連記事
06/26(水)
(NHK総合・東京[時論公論])
安倍首相が解散を見送った理由は、慎重論が自民党等内にあったため。
公明党も同日選挙に消極的だった。
G20大阪サミットが開かれることも大きい。
沖縄・辺野古沖の土砂投入やずさんな調査が明らかになったイージスアショアの配備を進めようとする政府の姿勢に対し、結論ありきとの強い批判が出ているのも事実。
金融庁の審議会の報告書を巡る老後2000万円問題では、麻生副総理・金融相の受け取り拒否に批判が集まった。
政府にとって不都合な真実も丁寧に説明し理解を得るという姿勢が欠けている、との指摘が強くあるのも事実。
安倍一強政治のもとで、国会は行政の監視機能が低下し形骸化していると指摘される。
予算委員会や憲法審査会で熟議を重ねる、党首討論は毎月開催するなど、真剣に議論に取り組む姿勢を示すことが、政治に緊張感を取り戻すことにつながる。
来月の参議院選挙で厳しく問われる。
解説・権藤敏範解説委員。
06/26(水)
(BSフジ[プライムニュース])
安倍首相は、通常国会の閉幕を受けて記者会見し、来月4日公示、21日投開票の参議院選挙の争点について「安定した政治の下で、新時代への改革を前に進めるのかどうかだ」と述べた。
安倍首相「来るべき参院選、最大の争点は、安定した政治の下で、新しい時代への改革を前に進めるのか、それとも再びあの混迷の時代へと逆戻りするのか」。
そのうえで安倍首相は「令和の日本がどのような国を目指すのか、その理想を語るものは憲法だ」と指摘し、憲法改正について「議論すら行われない姿勢でいいのか国民に問いたい」と述べ、参議院選挙の争点とする考えを強調した。
また老後30年で2000万円必要と試算した金融庁の審議会の報告書が参議院選挙に影響するのか問われ、「あらゆる課題は選挙に影響を与えうる」と指摘し「具体的な政策を国民に訴え財源の裏付けのある政策を主張していきたい」と強調した。
あさって開幕するG20大阪サミットについて安倍首相は「世界が直面する様々な課題の解決に日本が世界の真ん中でリーダーシップを発揮する。
戦後の日本外交を次なる次元へと置き換えていくサミットとなるよう議長の大役をしっかりと果たしたい」と決意を表明。
06/26(水)
(NHK総合・東京[ニュース7])
政治部・広内仁の解説。
参議院選挙。
長期政権となっている安倍政権の評価が問われることになる。
アベノミクスや10月の消費税率引き上げの是非、金融庁の審議会がまとめた報告書を受けて、年金制度などを巡って論戦が交わされる見通し。
憲法改正に前向きな勢力の議席の行方に注目。
現在は衆参両院で、憲法改正の発議に必要な3分の2の議席を占めている。
参議院選挙後も維持されれば、憲法改正論議に弾みがつく可能性もある。
一方で、3分の2を割り込めば、安倍総理大臣が意欲を示す来年の憲法改正の実現は、一層困難になることも予想される。
自民党、公明党両党は、安定した政権基盤の維持を図りたい考え。
相互に推薦し合うなど、協力関係を強化していて、両党の幹部からは改選議席の過半数に当たる63議席以上の獲得を目指すという声が出ている。
野党側は安倍1強ともいわれる政治情勢の打破に向けて、野党勢力の拡大を図りたい考え。
立憲民主党など野党5党派は、与党側を利することがないよう、全国に32ある1人区すべてで、候補者を一本化することで合意している。
ただ、定員が複数の選挙区では、野党側の候補者が競合しているところも少なくない。
日本国憲法(原本の複製)。
安倍首相、山口代表の映像。
本日の「週刊まるわかりニュース」...

テレビプレス テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.