JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年07月18日(木)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/06/25
TBSテレビ 【はやドキ!】
米国対イラン追加制裁に署名

Globali 海外メディア
関連動画
トランプ陣営 大統領選に向け女性向けイベント(19/07/17) (再生)
アメリカのトランプ大統領が白人ではない女性議員に対する差別的発言で批判されるなか、トランプファミリーらが女性をターゲットにした活動に乗り出しました。 トランプ大統領の次男の妻、ララ・トランプさん:「女性たちは外に出て声を上げるべきで、メディアには女性もドナルド・トランプを支持していることを忘れるなと言いたい」 アメリカ東部のペンシルベニア州で16日、「トランプを支援する女性たち」と題する集会が開かれました。トランプ大統領の次男の妻、ララ・トランプさんが中心となって来年の大統領選挙に向けてトランプ大統領への支持を呼び掛けました。アメリカのメディアによりますと、数百人の女性らが集まったということです。トランプ大統領は女性議員への差別的発言で女性の支持率がさらに下がるとみられますが、トランプ陣営は今後、郊外に住む女性保守層を対象に全米でこうした運動を展開していくとしています。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

小型タンカー不明 イランが拿捕か? 「故障で助けた」? (再生)
中東のホルムズ海峡を通過していた小型タンカーがイラン領海で消息を絶ったと、アメリカメディアなどが一斉に伝えた。行方不明になっているのは、パナマ船籍の小型タンカーで、ホルムズ海峡を航行中にイラン領海に入り、13日深夜以降、行方がわからなくなっている。↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00420923CX/201907171150_CX_CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH#ホルムズ海峡 #イラン #FNNプライムオンライン

米下院がトランプ氏非難決議 共和党からも4人賛成 (再生)
アメリカのトランプ大統領が、白人ではない女性議員を念頭に、「国を出て行けばいい」などと発言したことについて、アメリカ議会下院は16日、「人種差別だ」と非難する決議案を賛成多数で可決した。16日に可決された決議案は、トランプ大統領の発言について、「人種差別的で、有色人種への恐怖と憎悪を増幅させた」と非難している。↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00420920CX/201907171139_CX_CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH#トランプ大統領 #アメリカ #FNNプライムオンライン
関連記事
07/17(水)
(テレビ朝日[報道ステーション])
16日ホルムズ海峡のイラン領海内でパナマ船籍の小型タンカーが消息不明となった。
米国政府はイランが拿捕した可能性があるとみている。
最近言及はトーンを弱めている米国・トランプ大統領。
イランは再開させたウラン濃縮を止める考えはないようだ。
当該のタンカーはUAE・ドバイからホルムズ海峡を抜けて12日にオマーン湾を航行していたがホルムズ海峡に戻っている。
13日にイラン領海内の島の近くで姿を確認されたが最後の消息となった。
米国は19日にも関係国に対して有志連合の説明をし有志連合の説明をし協力を求める方針。
米国・トランプ大統領、ポンペオ国務長官、イラン最高指導者・ハメネイ師のコメント。
米国・ワシントンポスト紙、イラン外務省のコメント紹介。
ホワイトハウスの映像。
ジャーナリスト・後藤謙次の解説(日本への協力想定、参院選、米国の本気度について)。
07/17(水)
(BS1[国際報道2019])
緊張が続くイラン情勢に関して米国のトランプ大統領は対話は近づいているとほのめかした。
しかしイラン側は対話するつもりはないと即座に否定。
両国の溝の深さが改めて浮き彫りになっている。
米国政府としては有志連合への参加を含めた新たな構想を関係国に説明し、理解を求める可能性もある。
ポンペイオ国務長官(ワシントン)、イラン・ザリーフ外相、フック特別代表の映像。
07/17(水)
(BS-TBS[報道1930])
有志連合構想に関しては米国国務省・フックイラン担当特別代表がJNNの取材に対し19日に計画を発表すると明らかにした。
こうした中、ホルムズ海峡を通過していたパナマ船籍の小型石油タンカーがイランの領海に入り13日夜から行方不明となっているとワシントンポスト紙が報じた。
米国政府はイランが関与した可能性があるとして警戒を強めている。
この報道後、イラン外務省報道官は「ペルシャ湾で外国のタンカーからの救助要請を受けイラン領海にけん引した」と明らかにした。
トランプ大統領はイランについて16日「オバマ前大統領の転換を試みたのを見てきたがうまくいかなかった。
我々はそうしたことを全く求めていない」と語った。
一方、イランの最高指導者・ハメネイ師は「なぜイランだけが核合意を守らないといけないのか」とした上で「合意の順守の一部停止は継続する」と述べ、制限を超えるウラン濃縮などの措置を続けると明言した。
米国・エスパー陸軍長官の会見コメント。
ペルシャ湾、オマーン湾に言及。
米国ワシントンの映像。
資料映像:ホルムズ海峡。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組