JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年10月17日(木)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/10/13
フジテレビ 【FNN Live News days】
中継・栃木・足利市・町のほとんどが浸水
関連動画
カメラがとらえた緊迫の瞬間  そこから学ぶもの(19/10/16) (再生)
台風19号によって栃木県足利市でも町の一部が水没するなど大きな被害が出ました。足利市内で避難所に向かう車のドライブレコーダーが捉えた増水した川の水が迫る映像を入手しました。自宅を出てからわずか4分で車が水没、乗っていた男性は濁流が迫るなか、九死に一生を得ました。私たちはそこから何を学び取るべきなのでしょうか。 水没した車は現場に残されたままです。栃木県足利市に住む島田茂さん(67)。台風が直撃した12日。この地区に、自治体からの避難情報は出ていませんでしたが、激しさを増す雨風に不安を感じた島田さんは妻とともに自宅を出て車で避難所に向かいました。川からあふれた水が脇の田んぼの稲を巻き込みながら流れてきます。ところが瞬く間に水位が上がり、水の勢いに押されて脱輪。動けない状態になりました。ヘッドライトが消える直前、なんとか外に脱出した島田さん夫妻。胸まで水に浸かったものの一命を取りとめました。 実は、島田さんのご自宅というのは、東側を旗川、そして西側を出流川というそれぞれ川が流れています。その川の間にご自宅があるんですが、島田さんはこの出流川を越えた避難所に向かおうとしていました。自宅から南側の道を通って避難所へ向かおうとされたわけですが、この地点で今のような状態に巻き込まれてしまいます。車は田んぼへと転落します。 時刻は12日午後8時40分ごろです。家を出た時点から強く雨が降っているのが分かります。この時は道は冠水していなくて路面は見えています。家の敷地を出ます。避難所へつながる道を進んでいきますと、水田の稲が道路上に散乱して激しく水が流れてきているのが分かります。ここまできますと、どこまでが水田でどこからが道路なのかが確認できなくなっています。島田さんによりますと、この2つの川、両方から水が押し寄せていたということです。速度を緩めて、さらに進んでいくんですが全く道が分からなくなります。車が回転をし始めました。道路脇の田んぼに転落します。車内にはアラーム音が鳴り響いてへッドライトもそのうち消えてしまいます。実は、島田さんはその直前にドアを無理やり開けて脱出しました。島田さんご夫婦はこの後、そこから南に450メートルほどの所にあるコンビニエンスストアにたどり着いて九死に一生を得たということです。15日、取材に応じてくださった島田さんですが「もっと早くに避難しておけばよかった」とお話になっています。 実は現場では今も車が残されているんですが、その現場の映像を見ますと2台の車が同じ場所に止まっています。実は島田さんの車ともう1台の車こちらの車は、85歳の女性が乗っていたんですが、濁流にのみ込まれて救助を待つ間に亡くなりました。実は、この車はご長女が車を運転されていてご長女は救助されたんですが、ご長女の話ですと、どんどんと水が上がってきた。フロントガラスの上まで水がきた。すぐに消防隊に連絡したんだけれども、二次被害の可能性もあるということでなかなか救助が進まなかった。そうこうしているうちに座席に座っている胸の上までくる状態になってしまってお母様は、残念ながら病院に搬送されたんですが、低体温症が原因で亡くなったということです。本当に九死に一生を得たということになります。明暗が分かれてしまいました。 「早めの避難が大事である」防災・危機管理アドバイザーの山村武彦さんはこうお話になっています。「暗くなってからではなく、明るいうちに避難することが重要です。そして、遠くの避難所よりも近くの、例えば高いところ2階、家の中でも状況によってはとどまったほうがいい」と。2階に上がることも避難の1つだということです。家にとどまるというのも避難の1つであるということを考えておかなければいけません。2階があるお宅などは垂直避難と言いますが上に逃げるということです。 改めて、まとめてみます。山村武彦さんの意見です。「避難所に向かう際には川沿いや山沿いなど危険なところを迂回(うかい)して行けるかどうか。そのルートを確認しておく必要がある。近さだけではなくて少し遠くても安全に行ける避難所がないか普段から確認しておく必要がある」ということです。災害は続きます。それぞれがそれぞれの命を守る。その考えを、もう一度改めてチェックして頂きたいと思います。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

懸命の洗浄作業続けるイチゴ農家=「とちおとめ」水没で・栃木 (再生)
台風19号により秋山川の堤防が決壊し、多くの家屋に浸水被害が出た栃木県佐野市では、イチゴ農家も打撃を受けた。県産イチゴの主力産品「とちおとめ」の苗も水没した。生産農家は必死に洗浄などを行っているが、本格的なシーズンを前に、出荷にこぎつけられるか不安を抱えている。 白い花が付き始め、1カ月ほどで収穫できるところまできていた。生産する谷さん一家は、ハウス内に流れ込んで頑固にこびり付いた泥を洗い流す作業を続けていた。【時事通信映像センター】映像素材の購入については時事通信フォトへお問い合わせください https://www.jijiphoto.jp

氾濫した川に飲み込まれる瞬間 ドライブレコーダー 台風19号・栃木 (再生)
台風19号による全国の死者は、これまでに71人に上り、依然として12人が行方不明のまま。また、河川の決壊は、全国で52河川、73カ所に及んだ。栃木・足利市では、台風が迫る中、避難所に向かっていた車が、氾濫した川の濁流に飲み込まれる瞬間が、ドライブレコーダーに記録されていた。車が左に流され、後輪が脱輪。乗っていた男性たちは、間一髪のところで、ドアを蹴って開け、脱出した。一方、浸水被害を受け、停電や断水が起きている川崎市武蔵小杉駅近くのタワーマンションでは、住民を対象として、復旧のめどなどの説明会が行われた。説明会は1時間以上行われ、一部の住民からは、怒りや落胆の表情も見受けられた。(FNN取材団)↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00425675CX/201910160611_FNN_CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH
関連記事
10/16(水)
(日本テレビ[news zero])
ドライブレコーダーが捉えた台風19号による河川の氾濫。
車に乗っていた夫婦はなんとか車から脱出し、無事だった。
栃木・足利市寺岡町で避難所に向かう途中、近くを流れていた旗川が氾濫したという。
車は道路から25mほど流されていた。
各地で大きな被害をもたらした河川の氾濫や堤防の決壊。
NNNのまとめでは全国で合わせて68人が亡くなり、少なくとも15人の行方が今も分かっていない。
犠牲になった70歳の男性は土砂に埋まった車の中から発見された。
那珂川が氾濫し付近一帯が浸水被害を受けた茨城・水戸市では、住民が家の片づけに追われていた。
国土地理院の分析によると水戸北スマートICの南側で浸水した深さが推計で最大およそ7.2mにもなった可能性があるという。
Google Earth。
栃木・佐野市秋山川決壊、鹿沼市、宮城・丸森町、茨城・水戸市飯富町の映像。
道路に言及。
10/16(水)
(日本テレビ[news zero])
台風19号が関東を襲った日、栃木・足利市を走る車のドライブレコーダーが捉えた氾濫の様子を紹介。
道路に言及。
10/16(水)
(日本テレビ[news zero])
栃木・足利市を走る車のドライブレコーダーが捉えた氾濫の様子を紹介。
水が流れる道路を車が通ろうとしたところ、水かさが一気に増して身動きが取れなくなる様子が記録されていた。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組