JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年11月12日(火)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/11/11 04:55
日本テレビ 【Oha!4】
<Ohaライフ>東京五輪パラ・バリアフリーは・車いすで新国立競技場へ
関連動画
地中から人骨187体、新国立競技場で発見!一体なぜ!? 【マスクにゃんニュース】 (再生)
今月完成予定で、来年の東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場になる新国立競技場の建設現場から人骨187体が発見されていたことが分かった。2013年から2015年にかけて新国立競技場の本格整備に向けた準備工事の段階で地中から見つかったという。この場所には以前、寺の墓地があり江戸時代に埋葬された人の骨とみられている。マスクにゃんと気になるニュースを見てみるにゃん!(2019.1112)★みんなでデザイン!マスクにゃんのマスク★://www.tv-asahi.co.jp/mnn/#/section-2?category=newsできあがったら「#マスクにゃん」をつけてTwitterに投稿してくれたらうれしいにゃん!~『マスクにゃんニュース』のいっき見もオススメ!!~://www.youtube.com/playlist?list=PLKeSkVQhqoOqBRYSN6tLoLI6sl47Uc4rj♪マスクにゃんのtwitterはこちら↓↓ https://twitter.com/MNN12549599 ♪MNNマスクにゃんニュースのHPはこちら↓↓ https://www.tv-asahi.co.jp/mnn/

新国立競技場そばのホテル公開 (再生)
三井不動産がきょう新国立競技場のすぐそばに建設したホテルを公開しました。外観や内装には周りの景観との調和を意識し、木や石など自然素材が多く使われています。全ての部屋にバルコニーがついていて、競技場側の部屋ではオリンピックの盛り上がりを部屋から感じることができます。1階のレストランでは、神宮外苑の緑に囲まれたテラス席で焼きたてのパンやイタリアンを楽しむことができます。開業は来週22日。オリンピック期間中の宿泊は今後、受付を開始するとしています。#三井不動産#オリンピック#ホテル

都内で人骨発掘急増 保管に苦慮 大規模開発の余波(19/11/12) (再生)
新国立競技場の工事の際に187人分の人骨が見つかるなど都内各所で人骨が大量に発見されてその保管場所に苦慮している問題で、萩生田文部科学大臣は実態を調べることを明らかにしました。 萩生田文科大臣:「日本の風習文化に照らした時にその骨を廊下に積んでおくというのはいかがなものかと思いますので、それを含めてちょっと調べてまた答えさせて下さい」 新国立競技場の建設に向けた準備工事では江戸時代に埋葬された人骨187体が発見されるなど都内では近年、人骨が大量に発見されていて、引き取り先の博物館は廊下に人骨が山積みになるなど保管場所に苦慮しています。 国立科学博物館・篠田謙一人類研究部長:「ここ10年間くらいで五輪があるとか大規模開発が行われるということで急速に人骨が集まり始めてしまい、それに対応しきれなくなっているのは確かです」 専門家らは当時の生活を知るうえで重要な研究対象として保管場所の確保を求めています。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp
関連記事
11/12(火)
(テレビ朝日[大下容子ワイド!スクランブル])
東京オリンピックの聖火ランナーの顔ぶれが発表された。
2004年にアテネオリンピック女子マラソンで金メダルを獲得した野口みずき、そして柔道60kg級オリンピック3連覇の野村忠宏、レスリング女子55kg級オリンピック3連覇の吉田沙保里。
2020年東京五輪の聖火リレーのスケジュールを紹介。
第1走者はギリシャ人で、第2走者に日本人で最初の走者として野口が走る。
最終走者の1個前と2個前を野村と吉田が走る。
そのあと、飛行機で日本へこの聖火が運ばれる。
今回、初めてANAとJALが共同運航し、「TOKYO2020号」という飛行機の機内に、聖火をともしたランタンを座席に固定して運搬するという。
前の1964年の東京オリンピックのときは、機内に聖火設置台を設けた特別機を使いギリシャから運んだ。
その後、3月20日聖火が日本に到着する。
場所は宮城県の航空自衛隊松島基地。
復興の火として、宮城県、岩手県福島県で2日ずつ展示される。
26日に福島県のJヴィレッジをスタートし、日本全国を一周して、7月24日に東京オリンピックの開会式で新国立競技場に灯される。
写真:読売新聞/アフロ。
都内、アテネ五輪女子マラソン金メダリスト・野口みずき、アテネ五輪柔道金メダリスト・野村忠宏、聖火トーチの映像。
イラストエッセイスト・犬山紙子、東海大学教授・末延吉正、共同通信社編集委員兼論説委員・太田昌克のスタジオコメント。
11/12(火)
(日本テレビ[ZIP!])
来年3月12日にギリシャからスタートし、3月19日に東京に引き継がれる東京五輪聖火リレー。
聖火ランナーとして走る日本人が発表された。
日本人最初のランナーは、アテネ五輪女子マラソン金メダリスト・野口みずきが選ばれ、「感激で胸がいっぱい。
大役を務めることを誇りに思っている」と意気込みを語った。
ほかにもアテネ五輪で3連覇を果たした男子柔道・野村忠宏も選ばれた。
野村は「思い出深き特別な場所で走れることがうれしい。
しっかり走って自分の役目を果たしたい」とコメント。
ZIP!霊長類最強パーソナリティー・吉田沙保里も聖火ランナーに参加。
吉田は初出場のアテネ五輪で金メダルを獲得。
吉田は「大変光栄」とコメント。
聖火の引継ぎ式では、EXILE・HIROが監督を務めパフォーマンスも行われる。
HIROは「子どもたちの笑顔や夢、希望を未来につないでいけるようなパフォーマンスにしたい」とコメント。
HIROは約140人の子どもたちのパフォーマンスを監督する。
国内の聖火リレーは来年3月26日にスタート。
新国立競技場、東京・中央区の映像。
11/11(月)
(NHK総合・東京[ニュースきょう一日])
東京オリンピックパラリンピックの期間中は国内外から選手や観客など延べ1000万人以上が訪れるとみられている。
政府は混雑緩和の対策として朝のラッシュ時間帯を避けて出勤する時差出勤、都心の職場ではなく自宅に近いシェアオフィスなどでの仕事、東京都は企業が配送の時間やルートの変更など物流面の対策を進めることも呼びかけている。
今回、政府が行った在宅などで働くテレワークを普及させるキャンペーン。
参加した企業や団体などは一斉に在宅勤務をしたり自宅近くのシェアオフィスで仕事をしたりするなどさまざまな取り組みを行った。
期間中の平日に東京23区に通勤などで移動した人は1日あたりの平均で9.2%減少したことが分かった。
新国立競技場の周辺では6.5%から9.1%と減少率が大きかった。
臨海部の競技場の周辺は減少率が4.4%にとどまり、さらに対策が必要だと報告された。
交通規制などの実証実験では去年の同じ時期より首都高速道路は約7%、一般道は約4%交通量が減少。
政府は今回の結果を踏まえ、来年の東京大会本番にテレワークの拡大に向けた取り組みを検討をすることにしている。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組