JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年11月19日(火)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/11/11
テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
<ANN NEWS>香港警察・抗議活動に強硬姿勢強める
関連動画
香港 警察に包囲された大学 解決願い市民座り込み(19/11/19) (再生)
デモが続く香港では、警察に包囲された大学に立てこもる学生らを支援しようと多くの市民が座り込みを行いました。 18日昼に始まった座り込みは夜まで続き、延べ1000人近くが警察が包囲している大学の中にいる約500人の学生らの解放を求めました。さらに、食料や衣料品などを届けようとする福祉関係者らが詰め掛けましたが、警察は大学構内への立ち入りを拒否しました。一方、デモ隊は仲間の奪還を目指して大学を包囲する警官隊に対してバリケードを築き、レンガを投げるなど激しい衝突は19日未明まで続きました。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

【報ステ】香港警官隊が大学に突入 またも戦場化(19/11/18) (再生)
抗議活動が続く香港で18日未明、警察が香港理工大学に突入し、強制排除を行った。救護班や抗議活動を記録していた学生記者も取り押さえられている。一方で、警察は18日、“覆面禁止法”による摘発の一時中止を決めた。これは、デモ参加者がマスクなどで顔を隠すことを禁じるものだが、裁判所が「覆面禁止法は香港基本法に違反する」と判断したためだという。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

香港デモ激化でついに警察突入(ノーカット版) (再生)
香港理工大学で17日、激化するデモに対し、ついに警察が突入した。その一部始終を取材した。#香港#デモ#香港理工大学
関連記事
11/19(火)
(BS1[ワールドニュース アメリカ])
香港の抗議活動。
米国・ポンペオ国務長官は「香港行政長官に対し、デモ関連の事件について、警察苦情審議会による独立した捜査を行い、説明責任を果たすよう求めている。
米国政府は繰り返し述べているように、中国共産党は香港の人々に対する約束を守らなければならない。
香港の人々は中国、英国の共同宣言で保障されている自由を求めているだけだ」と述べた。
元在香港米国総領事・Kトングが「デモ隊、警察の対応に新たなリスクが生まれている。
米国は香港が中国の意図的な標的となり、香港を傷つけるようなことをしてはいけない」などスタジオコメント。
中国人民解放軍、習近平国家主席について言及あり。
11/19(火)
(BS1[ワールドニュース アメリカ])
香港の警察は18日、香港理工大学の包囲を強化。
抗議運動が始まって6か月、警察の圧力で抗議活動は強まっている。
警察は1人の学生ジャーナリストを逮捕し、撮影を止めるよう求めた。
バイクで逃げる者たちもいたが警察は400人以上を逮捕。
中国への犯罪人引き渡し条例反対に端を発した抗議運動。
18日、デモ隊は基本的な改革を要求。
中国政府の対応は厳しくなり、週末には初めて中国人民解放軍の兵士ががれきを片付けた。
リュウ駐英国中国大使は「西側諸国が抗議をあおっている」とし、デモ隊に警告。
一般人のコメント。
11/19(火)
(BS1[BSニュース])
抗議活動が続く香港の政府トップ・林鄭月娥行政長官は大学への立てこもりを続ける学生たちについて「武器を捨てて大学の外に出てほしい」と呼びかけた。
香港理工大学の周辺では警察と学生たちとの激しい衝突が相次ぎ、大勢の学生たちがキャンパスに立てこもっている。
一方、抗議活動の際にマスクなどで顔を隠すことを禁止する規則が香港の憲法にあたる基本法に違反するとした高等裁判所の判断について、中国で立法を担う全人代(全国人民代表大会)は「香港の裁判所には基本法に違反するかどうかを判断する権限はない」とする談話を発表した。
こうした中、中国政府は定年になった香港警察のトップの後任に5年前に民主的な選挙の実現を求めた雨傘運動の際に強硬な姿勢を取ったとされるトウ炳強を任命。
抗議活動に厳しく対処していくと見られる。
抗議活動に関連してはおとといの夜、東京農業大学に通う学生が香港理工大学の近くで逮捕されていたことが分かった。
茂木外務大臣は「本人はけがなく体調も良好である。
政府としては早期解放に向けて最大限努力したい」と述べた。
林鄭月娥行政長官のコメント。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組