JCCテレビすべて
最新のTV情報
2020年02月22日(土)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2020/02/15
TBSテレビ 【新・情報7daysニュースキャスター】
横浜・クルーズ船で勤務・男性が語る“検査の問題点”
関連動画
相模原や名古屋で男女4人が新たに新型肺炎に感染(20/02/21) (再生)
神奈川県相模原市と名古屋市で男女4人が新たに感染していたことが分かりました。 感染が確認されたのは相模原市に住む80代の男性とその妻です。男性は13日に死亡した神奈川県の80代女性が一時、入院していた相模原中央病院に同じ時期に入院していました。また、名古屋市に住む70代男性と20代女性がウイルス検査の結果、「陽性」と判明しました。2人は7日にハワイから帰国して感染が確認された夫婦やその知人らと何らかの接点があったとみられています。いずれも発熱やせきの症状があって入院していますが、容体は安定しているということです。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

下船はしたが仕事は、外出は・・・ままならない日常生活(20/02/21) (再生)
クルーズ船からの下船を許された人々は帰宅しても不安を払拭することができず、影響は乗船していなかった家族にまで及んでいました。 「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した人には全員、横浜検疫所長から上陸許可証が手渡されています。14日間の観察期間が経過し、ウイルス検査で陰性が確認されたことから「感染している恐れはない証明書も渡す」と記されています。 しかし、帰宅者のなかには感染の疑いが晴れて一般の人と同じ状況になっているにもかかわらず、下船までの間に感染しているかもしれないと使い捨て食器を使用するなど自ら感染に気を使っている人がいました。95歳の母親は手袋とマスクを着けて洗濯物を干しています。 陰性が確認され帰宅した女性(62):「他の人にうつさないことですね。小さな町ですから私が原因じゃなくても出てしまったら私のせいになってしまうんだろうなと・・・」 この女性の夫はクルーズ船に乗っていませんが、月曜日まで仕事を休むよう会社から指示されたといいます。 陰性が確認され帰宅した女性:「私が乗っていたことを(夫の)会社も知っておりまして、だからきょうから行けなくなったんですね」 取材中に電話が鳴りました。厚生労働省からです。 電話の相手・厚生労働省の担当者:「2週間後の3月4日までは健康状態を毎日チェックして頂いて、不要不急の外出は控えて頂きますようお願い致します」 陰性が確認され、帰宅した人のもとに不要不急の外出を控えるなどを求める電話が掛かっているといいます。帰宅者が安心できる日はいつになるのでしょうか。 加藤勝信厚労大臣:「下船された後の対応についても必ずマスクを着用して頂き、不要不急の外出を控えて頂く。何かあれば連絡頂くホットラインを設けること。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

船内隔離以前に乗客多数が感染・・・感染研が分析(20/02/21) (再生)
横浜港のクルーズ船について、国立感染症研究所などは感染が確認された乗客の多くが隔離を始めた5日より前に感染した可能性が高いという分析結果を明らかにしました。 国立感染症研究所は「ダイヤモンド・プリンセス」で新型コロナウイルスに感染した乗客乗員のうち、約200人について分析しました。その結果、乗客に発熱などの症状が出たのは7日がピークで、それ以降は減少していて、船内での隔離が始まった5日よりも前に感染していた可能性が高いとしています。また、乗員については船内でサービスを継続したため、5日以降に乗員の感染が増えたという見方も示しました。厚生労働省によりますと、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、19日と20日に新型コロナウイルスの検査で陰性だった乗客717人が下船しました。21日も夕方までに約450人が下船し、帰宅する見通しです。船内には感染者と同室だった人が残っていますが、今後、下船して政府の施設へ移動をして当面は健康観察を続けます。乗員についても乗客と同様に下船させる方針ですが、船内業務があるため具体的な日程などは調整中ということです。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp
関連記事
02/22(土)
(TBSテレビ[まるっと!サタデー])
横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」では、船内で検疫などの作業に当たっていた厚労省の職員ら4人がウイルスに感染していたことが明らかになっている。
船にはこれまでに90人を超える厚労省の職員が入っているが、そのうち熱などの症状がなかった職員の多くがウイルスの検査を受けずに元の職場に復帰していたことが関係者への取材で分かった。
中国・武漢市からのチャーター便に関わった内閣官房の職員らはウイルスの検査を実施していた。
しかし、クルーズ船では応援で船内に入ったDMATも含め検査は起こっていないとのこと。
厚労省では今のところ、こうした職員らに検査を受けさせない方向だとのこと。
02/22(土)
(TBSテレビ[まるっと!サタデー])
下船した人たちの中には周囲から心ない言葉を浴びせられている人もいた。
「ダイヤモンドプリンセス」号に乗っていた70代の男性、60代の妻との旅行が一転、2週間の隔離生活を余儀なくされた。
隔離期間を終え、検査の結果が2人とも陰性だったため、水曜日、夫婦ともに下船。
そのとき配られた書面には「日常の生活に戻ることができます」と書かれている。
しかし、その生活は一変、帰宅した翌日には、厚生労働省から電話が、極力、外出を避けるよう指導があった。
自宅に戻り、日常に戻っていたと思っていたはずが近所の人から心ない言葉をかけられた。
子どもたちの通学路は自宅から10m以上離れているが、電話の主は男性が表に出るとウイルスが広まると言う。
自宅に戻り、庭の手入れを行うため造園業者を呼んだがこの業者についても、近所の人にウイルスを運ぶから出入りさせるなと言われた。
夫婦の検査結果は陰性にもかかわらず買い物も友人に頼み、直接受け取らないように品物を玄関に置いてもらうなど、極力外出を避けている。
ジャーナリスト・岸田雪子のスタジオコメント。
横浜港の映像。
02/22(土)
(テレビ朝日[ANNニュース])
厚生労働省によると横浜港に停泊しているクルーズ船の乗客で、新型コロナウイルスの検査の結果が陰性だった970人が昨日までに下船した。
感染者と同質の乗客や自国のチャーター機を待つ外国籍の乗客ら約300人と乗員の計1300人がまだ船に残っている。
感染者と同質の乗客は約100人で、今日にも下船し国の施設に移る。
当面、健康観察を続ける。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組