JCCテレビすべて
最新のTV情報
2020年04月07日(火)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2020/03/27
NHK総合 【ニュース シブ5時】
“マイクロ飛沫”に注意を
関連記事
04/07(火)
(日本テレビ[スッキリ])
東京都医師会は「医療的緊急事態宣言」を出しひっ迫した状況だと訴えた。
帰国者・接触者相談センターには非常に多くの問い合わせが殺到し4分の1しか電話がつながらない、新型コロナウイルスの外来では1ブースで1日10人程度しか診られない状況だという。
患者が殺到すれば感染の場になる恐れがある。
相談センターがパンクしてしまう理由について、東京歯科大学・寺嶋毅教授は「感染者が増えれば保健師の仕事量が増加する」と指摘する。
東京都医師会は今後「発熱外来」の設置を検討中。
日本感染症学会専門医・佐藤昭裕が生解説。
04/07(火)
(テレビ朝日[グッド!モーニング])
きょうから新型コロナウイルスの軽症者などが宿泊する「東横イン」。
近隣住民は「聞いていない」と反発。
施設の管理に不安の声。
ホテルに移動する人は感染者で無症状、発熱のない軽症の人。
ホテルからの外出は禁止。
部屋があるフロアの廊下までに行動を制限。
療養者への食事提供は災害支援要請を受けた約10人の自衛隊員が行う。
ホテル従業員や都の職員は直接療養者と対面しないことで感染を防ぐ。
症状が悪化した場合に備え、看護師は24時間態勢で常駐し、医師も日中は施設に配置。
東京都は今後、宿泊療養施設を1000室まで増やす方針。
日本感染症学会・舘田一博理事長は「療養者のメンタルケアは非常に大事」とコメント。
慶應義塾大学大学院教授・岸博幸のスタジオコメント。
東京・中央区、GoogleEarthの映像。
地図:東日本橋駅、浜松町駅、人形町駅、隅田川。
04/07(火)
(日本テレビ[ZIP!])
新型コロナウイルスの治療の最前線で指揮を執る国立国際医療研究センターの大曲医師が取材に応じ、東京の状況に危機感をにじませた。
新型コロナウイルスの治療の先頭に立つ国際医療研究センターの大曲貴夫医師は「ニューヨークとかの他の大都市で、感染した方の数が急増した地域の最初の段階とすごくよく似ている。
そういう意味で気持ち悪い、怖いと思ってみていますし、なんとか抑えなきゃなと」「工場を建ててくださるでも、どこから調達するでもいいので、とにかく防御具を日本の医療従事者にわたるようにご協力お願いしたいと思います」と述べ、今の問題は、医療用のマスクなどの不足だと訴えた。
さらにで、「風邪にかかる人は新型コロナウイルスにもかかる」として、人が集まる場に行かないよう呼びかけた。
国際医療研究センター・大曲貴夫国際感染症センター長の映像。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
人気ランキング
注目番組