JCCテレビすべて
最新のTV情報
2020年04月08日(水)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2020/03/27
日本テレビ 【news every.】
米国が世界最多に・医療現場の“深刻”な実態…

Globali 海外メディア
関連記事
04/08(水)
(フジテレビ[バイキング])
安倍首相は会見で「ロックダウンになるのではないかという間違った認識が広がった。
こういう認識をしっかりとなくしていくという準備も整えた」と話した。
先月23日、東京都・小池百合子知事は緊急記者会見で「世界各地で都市が封鎖されている。
いわゆる“ロックダウン”をされている。
爆発的な増加、いわゆる“オーバーシュート”が発生しかねない事態の今後の推移によってはロックダウンなど強力な措置を取らざるを得ない状況が出てくる可能性がある」と述べた。
政治評論家・有馬晴海のスタジオコメント。
経済ジャーナリスト・和泉昭子のコメント。
官邸、電車に言及。
04/08(水)
(NHK総合・東京[NHKスペシャル])
新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化した3月、ネット情報をチェックするNHKのチームがデマの大量拡散を捉えていた。
当初8000件だったトイレットペーパーに関するツイートはたった3日で89万件にまで急増。
嘘や誤り、真偽不明の噂といったフェイクが飛び交い、人々が買い占めに走る事態が起きていた。
フェイクは世界各地で人々を混乱に陥れている。
フェイクを信じ込んだ人たちが無実の人の命を奪うという衝撃的な事件まで起きている。
メキシコで撮影された動画を紹介。
フェイクによって誘拐犯の濡れ衣を着せられていた。
なぜ一本のフェイクが急激に拡散し、人々を突き動かしたのか。
フェイクのメカニズムを研究するマサチューセッツ工科大学・シナンアラル教授は12年分のツイートを材料に事実とフェイクの拡散の違いを分析。
フェイクの人々への到達時間は事実に比べ20倍速いことが分かった。
特に拡散したのは負の感情に訴えかけるフェイク。
嫌悪感や怒りを覚えるフェイクは喜びなど肯定的なものよりも人々の強い反応を引き出していた。
中国、生産、警察に言及。
オーストラリアの映像。
WHO(世界保健機関)、フェイスブックに投稿された動画の映像。
映像提供:UNIVISION。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
人気ランキング
注目番組