JCCテレビすべて
最新のTV情報
2020年10月27日(火)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2020/10/19
BSテレ東 【日経モーニングプラスFT】
タイ反体制派・連日デモ
関連記事
10/27(火)
(フジテレビ[イット!])
支持者から熱烈な歓声を浴びるタイ・ワチラロンコン国王。
沿道に近づけば人々が跪き、最大限の表現で感激を表す。
これはバンコクの王宮前での一幕。
王室支持者に国王自ら声をかけていく。
国民への直接的な声がけは異例。
国王のこうした行動に喜びの声があがる一方、道を埋め尽くすヘルメット姿の人々は王室改革や現政権退陣などを求めデモを行った。
きのう、デモ隊はドイツ大使館へ向かった。
ワチラロンコン国王は私的な理由で1年の大半をドイツで過ごし、国事行為を行っているとされている。
デモ隊はドイツ大使館に確認を求める要望書を提出。
ドイツ外相も「国王の行動を注視している」と会見で述べるなど、抗議活動は国の内外を巻き込む形で活発化。
学生グループのリーダーのコメント。
タイ・バンコクの映像。
10/27(火)
(テレビ朝日[大下容子ワイド!スクランブル])
反政府運動が激化しているタイで国王が1年の大半を過ごすドイツの大使館に向けてデモ行進が行われ、国王の行動について調査を求める要望書が提出された。
タイでは新型コロナウイルスの影響で多くの国民が経済的に苦しむ中、ワチラロンコン国王が1年の大半をドイツで過ごしていることが問題視されていた。
タイでは王室批判はタブーだったが、今回の反政府運動では王室改革を求める声が強く上がっている。
タイ・バンコクの映像。
10/27(火)
(BS1[キャッチ!世界のトップニュース])
タイで王政改革を求めてデモを続けている若者たちと王室を擁護するグループがドイツ大使館にそれぞれ別の要望をした。
ドイツで1年の大半を過ごしているとされるワチラロンコン国王をめぐる問題でデモ隊は国王がドイツで公務を行っているのは不適切ではないかと調査を求め王室擁護グループをデモ隊の要望を受け入れないよう求めた。
タイでは王室は神聖視されているがこの2か月ほどの反政府デモで数多くのタブーが破られてきた。
タイのメディアでの批判はままならない。
タイでは王室に対する不敬罪が存在し違反すると15年以下禁固刑が科される。
ドイツの地方議会、連邦議会でもこの問題が扱われドイツとタイの2か国間の問題になりつつある。
バイエルン地方の議員が新型コロナウイルスのロックダウン期間にタイの国王が行っていた活動を問題視して州政府に説明を求めた。
連邦議会ではドイツの外相に対し違法行為に当たるドイツ国内でのタイの国内政策の決定が行われたのか否かとの質問が出された。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組