JCCテレビすべて
最新のTV情報
2020年10月24日(土)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2020/10/19
NHK総合 【あさイチ】
<NHK NEWS>アゼルバイジャン、アルメニア・2度目の停戦合意後も戦闘収まらず
関連記事
10/23(金)
(BS1[国際報道2020])
係争地・ナゴルノカラバフを巡るアゼルバイジャンとアルメニアの戦闘は今も続いている。
ロシアの仲介で二度停戦合意に達したが、いずれも守られていない。
事態の打開を目指して両国の外相は、今度は米国のポンペイオ国務長官とそれぞれ対談する。
ポンペオ国務長官と会談することになったのは、アゼルバイジャンのバイラモフ外相とアルメニアのムナツァカニャン外相。
戦闘を優位に進めるアゼルバイジャンは、今回の戦闘で軍を進めたナゴルノカラバフやその周辺の町や村を自分たちの領土として認めるよう主張しており、米国の理解を得たい考え。
一方のアルメニアは、後ろ盾のロシアが軍事介入に慎重な姿勢を示していることから、米国の仲介で実効性のある停戦を実現し、アゼルバイジャンの勢力拡大を食い止めたい狙いがある。
今回の戦闘は最初の軍事衝突から1か月近く続いており、双方の死者は公表されているだけでも970人以上にのぼり、公表を控えているアゼルバイジャン軍の死者も含めると、1000人を大きく上回ると見られている。
10/23(金)
(BS1[ワールドニュース アジア])
ロシアと米国の核軍縮条約新スタートに関して、ロシア・プーチン大統領は「軍拡競争を止めなければ、世界は危険になるだろう」と述べた。
また、プーチン大統領が無条件での条約1年延長を改めて呼びかけた。
また、ロシア国内外の専門家が議論する会議の中で、「トルコ・エルドアン大統領は圧力があるにも関わらず、独自の外交政策を実施しており、信頼できる相手である。
東地中海での問題に関して、フランスとトルコに仲介の必要はない。
両国は対話によって問題を解決できる」と述べた。
モスクワ支局長のリポート。
アゼルバイジャン、アルメニア、中国、英国、シリアに言及。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組