JCCテレビすべて
最新のTV情報
2021年03月04日(木)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2021/02/24
日本テレビ 【ZIP!】
<NEWS 7>ワクチン先行接種から1週間・街の人「副反応がこわい」
関連記事
03/03(水)
(NHK総合・東京[首都圏ネットワーク])
新型コロナウイルス関連の医療従事者に進められているワクチンの接種について、対象者を470万人に広げた優先接種が今週から本格的に始まった。
このうちおよそ20万人への優先接種を予定している千葉県はきょうから一部の医療機関で接種を始めた。
医療従事者を対象にしたワクチンの優先接種では、千葉大学医学部附属病院での接種が先ほど始まった。
県内で初めてとなるこの病院での優先接種。
対象となった医師や看護師など11人は問診を受けて最近1か月以内の発熱がないかや薬などで重いアレルギー症状を起こしたことがないかなどを確認したうえで接種を受けていた。
この病院では接種の前後の血液を比較してワクチンによる抗体の変化などを確認する研究も行うことにしている。
一方、優先接種に先立っておよそ4万人の医療従事者に対して先月17日から始まった先行接種。
千葉県市原市の千葉労災病院ではおよそ200人が1回目の先行接種を受けた。
それから2週間がたったきょう、接種を受けた看護師がNHKの取材に応じ、その後の経過や働くうえでの心境の変化を語ってくれた。
病院によると接種後、ほとんどの人が接種を受けた部分の痛みを訴えたがこれまでのところ重大な副反応は確認されていない。
この病院では今月10日から2回目の接種を始めることにしている。
千葉大学医学部附属病院・横手幸太郎病院長のコメント。
03/03(水)
(テレビ朝日[スーパーJチャンネル])
厚生労働省は新型コロナウイルスワクチンの先行接種を受けた女性が死亡したと発表。
女性は医療従事者で、基礎疾患や副反応とみられる症状はなかった。
死因はくも膜下出血と推定され、ワクチンとの因果関係は分かっていない。
厚生労働省専門部会・森尾友宏部会長は「海外でもくも膜下出血とワクチンに関連があるとはされていないようで、偶発的な事例かもしれないが情報を集め評価する必要がある」としている。
千葉大学病院コロナワクチンセンター長・猪狩英俊医師のコメント。
03/03(水)
(テレビ東京[Newsモーニング・サテライト])
厚生労働省は昨夜、新型コロナワクチンの接種を受けた60代の医療従事者の女性がなくなったことを明らかにした。
死因はくも膜下出血。
女性は先月26日にファイザー製ワクチンの接種を受けた。
直後の重篤な副反応はなかった。
接種から3日後に亡くなった。
女性には基礎疾患やアレルギーはなかった。
担当した医師はワクチン接種との因果関係を評価できないとした。
新型コロナワクチンの接種後に死亡が確認されるのは国内で初めて。
森尾友宏厚生労働省のワクチン分科会副反応検討部会長は「海外の接種事例でも、くも膜下出血と新型コロナワクチンに関連があるとはされていない」としている。
感染症の専門家・国際医療福祉大学・松本哲哉主任教授のコメント。
本日の「ZIP!」...
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組