JCCテレビすべて
最新のTV情報
2021年02月28日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2021/02/24
日本テレビ 【情報ライブ ミヤネ屋】
速報中継・発生4日目…152世帯に避難勧告・栃木・足利市・山火事・現在も延焼中
関連記事
02/27(土)
(TBSテレビ[新・情報7daysニュースキャスター])
栃木・足利市で延焼を続ける山火事。
発生から7日目を迎えたきょうも、消火活動が続いた。
きのうまでに約106万平方メートル(東京ドーム23個分)を焼き、徐々に住宅地へ迫る。
延焼に拍車をかけているのが空気の乾燥と風、そして落ち葉が消火活動を妨げているという。
空からまいた水は落ち葉の上を滑り落ち、葉の下で火はくすぶり続けるという。
そこに風が吹いた場合、また新たな炎が上がるという。
何度も繰り返されるヘリコプターでの給水作業、しかし高い位置からまくため、ピンポイントでの消火は難しい。
「ヘリがあまり降下すると、ヘリの風圧で逆に火をあおってしまう。
ある程度高い位置で消化するのはやむをえない」と元東京消防庁麻布消防署長・坂口隆夫は話す。
原因について、足利市は食べるものに火を使ったか、たばこだとみている。
森林火災の原因は多いものからたき火、野焼き、放火、たばこ、火遊びと6割以上が人為的なもの。
今後懸念されるのは飛び火。
足利市・池澤昭副市長のコメント。
02/27(土)
(テレビ朝日[サタデーステーション])
栃木県足利市で起きた山火事。
発生から7日目、きょうも朝から消火活動が続いた。
消防は山の斜面に残った火を消すため山の中へ。
足利市の会見で和泉聡市長は「鎮圧まであと一歩」と説明。
305世帯が避難勧告の対象。
なぜ延焼範囲が広がったのか、森林総研森林防災領域長・玉井幸治が「火災が発生してから雨が降っていないし空気も乾燥したまま。
風も強い日が続いた」とコメント。
延焼範囲が広がった原因は乾燥と飛び火。
乾燥によって燃え方はどう変わるのか、空気の乾燥による燃え方の違いを実験した映像(札幌市消防科学研究所)。
湿度30%と80%に設定し、それぞれ枯れ草の上に火がついたたばこの吸い殻を置いて炎が上がるまでの時間を測定。
実験開始から3分40秒で湿度30%のほうから炎が上がった。
80%のほうは炎が上がるまで10分以上かかった。
岡山市消防局による飛び火の実験映像、風にあおられた火が飛び火となって燃え移るのを確認。
消防隊員、元東京消防庁麻布消防署長・坂口隆夫、一般人のコメント。
撮影:消防庁、視聴者。
映像提供:岡山市消防局、山陽新聞社。
02/27(土)
(NHK総合・東京[ニュース7])
栃木県足利市の山火事は、きょうで発生から6日がたった。
市によると焼けた面積は、きょう午前11時時点でおよそ106ヘクタールで、きのう夕方時点と変わらず延焼はほぼ食い止められている。
消火活動は、県内外から駆けつけた消防によって続いている。
現場近くの河川敷には、富山県や東京都から応援に来た防災ヘリの姿があった。
これまでに火事によるけが人はいないが、足利市は引き続き合わせて305世帯に避難勧告を出している。
気象台によると栃木県内は空気が乾燥しているが、あすにかけては風が強くない状態が続く見込み。
足利市は、消防や自衛隊と連携して残った火を消す作業を急ぎ、週明けの早い時期の鎮圧を目指したいとしている。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組