テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/05/19
TBSテレビ 【ひるおび!】
<ひるトク!>豊洲の“安全”どう判断?小池知事の思惑は



関連動画
都議選 デパートで期日前投票 情勢は自民と都民ファが接戦 (再生)
東京・豊島区の西武池袋本店に、7月2日に投票が行われる都議会議員選挙の期日前投票所が設置されました。西武池袋本店は、去年3月に豊島区と期日前投票所の設置について協定を結んでいて、今回が4回目の設置です。期日前投票所が設置された本館7階は、催事場でお中元ギフトセンターを開催するなど、多くの集客を見込んでいるということです。こちらは都議選投票前日の7月1日まで、毎日、午前10時から午後8時まで開かれる予定です。また、今回の都議選について、24日と25日にTOKYO MXが行った世論調査の結果、投票先として最も多かった答えが小池知事が率いる都民ファーストの会の24.4%。続いて自民党が23.2%でした。自民党と都民ファーストの会が第一党をかけて接戦となっています。

小池知事 ラグビーボールを「スピン」パス (再生)
小池知事は調布市の「味の素スタジアム」で行われたラグビーのイベントに出席し、「加計学園問題」などの都議会議員選挙への影響について「都民が判断されること」と述べました。小池知事が出席したのは、2019年に日本で開催されるラグビー・ワールドカップへ向けたイベントです。知事は大会をみんなで盛り上げようと呼びかけ、自らも楕円形のボールでパスに挑戦しました。会場では多くの家族連れらが芝生の感触を味わいながら、ボールを追いかけたり車椅子ラグビーを体験するなどしてラグビーを楽しんでいましたが、そんな和やかな光景とはうってかわってイベントの後で行われた小池知事のインタビューでの回答は意味深長なものでした。

都議選告示 “小池勢力”過半数の可否が焦点 (再生)
任期満了に伴う東京都議会議員選挙が告示され、定数127に対して259人が立候補を届け出ました。都民ファーストの会と、公明党などの小池知事を支持する勢力が過半数を獲得できるかどうかが、今後の都議会運営のポイントとなります。街頭では早速、市場の移転問題や都議会改革などを巡って舌戦が繰り広げられ、各政党の幹部らは支持を呼び掛けました。 豊洲市場の移転問題や小池都政の是非などを争点に、9日間の選挙戦が始まりました。東京工業大学の准教授で、情報と政治、ネット選挙などを研究する西田亮介さんにスタジオで話を聞きました。
関連記事
06/27(火)
(NHK総合・東京[ニュース7])
東京都議選・千代田区・新人4人の争い
来月2日投票の東京都議会議員選挙。
焦点の1つは小池都知事率いる都民ファーストの会と自民党の第1党争い。
対決の象徴として注目されているのが定員1の千代田区。
都議会の実力者と言われた自民党・内田茂都議が7期24年務めた選挙区。
千代田区では自民党と都民ファーストの会、無所属など新人4人の争い。
樋口高顕(都民ファーストの会・新、推薦・公明党)は大学時代、小池知事の事務所でインターンとして政治のイロハを学んだ。
透明性の高い議会への刷新を訴える。
須賀和男(無・新、推薦・共産党)は61歳。
出版社で働く傍ら長年保育園の運営にも携わった。
共産党に加え民進党や社民党などの議員も応援に駆け付けた。
中村彩(自民党・新、推薦・日本のこころを大切にする党)は小池知事の政治塾にも通っていたが自民党でなければ政治は動かせないと公認を受けて立候補した。
都政のチェック機能や少子高齢化対策などを訴える。
後藤輝樹(諸派・新)は知事と議会の二元代表制のあり方について訴えている。
小池都知事は「政策を作れる人間。
若い力を都議会へ送っていただきたい」、共産党・武田良介参院議員、社民党・福島副党首とコメント。
待機児童問題、安倍政権、築地市場、豊洲、介護、子育てに言及。
06/27(火)
(TBSテレビ[Nスタ])
激戦“因縁”選挙区に知事の刺客
麻生副総理「都知事が間違っているんじゃないかとただすのは皆さんの代表である都議会議員がやる」。
麻生副総理が応援に入ったのは自民党現職・川井重勇候補の東京・中野区。
川井重勇は去年就任したばかりの小池都知事が議会に挨拶に来た際、記念写真を拒否した場面が大きく報じられた。
川井重勇「チェックできないような議会を我々が持ってどうするのか」。
対抗馬として都民ファーストの会が擁立したのは小池代表の秘書を6年間務めた新人、荒木千陽候補。
都民ファーストの会・小池百合子代表「荒木千陽、私の秘蔵っ子」。
都民ファーストの会・荒木千陽候補「小池都知事を信じてついてまいりたいし進言もしていく」。
公明党現職・高倉良生候補「知事と力を合わせて都民のため東京改革の先頭に立って頑張っていく」。
東京・中野区では前回、自民党、公明党、民主党、共産党の4人が当選した。
今回は定数が1人減るうえ都民ファーストの会が加わり激戦が必至。
民進党・蓮舫代表「都政も国政もいま問われているのは議会の力」。
民進党は蓮舫代表が告示後の第一声の場所として中野区を選び現職の西沢圭太候補の議席死守を目指す。
西沢圭太候補「都議会のドンのお気に入りの事業に予算をつけていく政治をもうやめさせる」。
共産党・浦野智美候補は福祉政策の充実をアピール。
浦野智美候補「政治への怒りを都議会議員選で示していく絶好の機会」。
幸福実現党・白柏貴子候補は待機児童問題解消を訴える。
06/27(火)
(NHK総合・東京[首都圏ネットワーク])
府中市・現職2人・新人2人の争い
先週告示された東京都議会議員選挙は来月2日の投票日に向けて連日激しい選挙戦が繰り広げられている。
府中市(定員2人):鈴木錦治(自民党・現)、柄沢地平(共産党・新)、藤井晃(都民ファーストの会・新)、小山有彦(都民ファーストの会・現)。
鈴木は都政を着実に進められるのは自民党だと訴える。
柄沢は小池都政に是々非々の立場。
藤井は経済専門誌からの転身を目指す。
小山は民進党を離党して立候補した。
鈴木「豊洲問題は立ち止まっている場合ではない」、自民党・丸川五輪相、柄沢は「築地市場で再整備を行うしかない」、共産党・山下副委員長、小池知事は「古い議会を新しくする」とコメント。
東京五輪パラリンピック、憲法改正、安倍政権、公用車、デイサービスに言及。
本日の「ひるおび!」...

テレビプレス テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
アクセスランキング
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.