テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
2018/10/11
毎日放送 【VOICE】
奈良近鉄タクシー・24時間受付休止へ
関連動画
リーマンの衝撃が生んだ鉄製行灯「華倭里行燈」 (再生)
奈良県三郷町にある明治創業の鉄工所が、鉄加工の技を駆使した鉄製の行燈を作っている。「華倭里(かわり)行灯」と名付け、天平文様など奈良らしいデザインが好評だ。鉄工所・金属加工会社「カキモト」は10年前、リーマンショックの大打撃を機に模索した新規事業で、行灯制作という新たな活路を見いだした。

奈良の自転車コース「ならクル」 約33キロのコースを体験 (再生)
観光名所の多い奈良県に自転車コース「ならクル」が設定されている。2020年度には京都と和歌山を結ぶ自転車道も誕生する。 奈良県内の道路を車で走っていると、ならクルの4文字と自転車の絵が描かれた看板を目にする。「C―1」「平城宮跡 8km」などの文字も。県が定めた自転車コースの案内標識だ。 奈良市街地と飛鳥地域を結ぶ「せんとの道ルート」(約44キロ)、法隆寺や法起寺を通る「法隆寺ルート」(約7キロ)などは比較的へいたんなコース。主に山間部を走るコースもあり、「大和青垣ルート」(約58キロ)は標高差387メートルだ。 県は10年12月、滞在型観光や地域活性化などを目的として「奈良県自転車利用促進計画」を策定した。自転車愛好家の声を聞くなどして31のコースを設定し、愛称を募集。「奈良」と「サイクリング」を掛け合わせた「ならクル」に決めた。 空気入れや駐輪スペースを備えた「自転車の休憩所」を整備し、9月末現在で172カ所に達した。施錠された場所に自転車を置き、自転車の搬送サービスが利用できる「サイクリストにやさしい宿」の認定も進めている。9月までに56の宿泊施設を認定した。県道路環境課によると、県の自転車利用案内サイト(http://nara-cycling.com/)の閲覧数は12年度で約5万だったが、17年度には約10万に倍増したという。

初冬の風物詩 奈良の「鹿寄せ」始まる (再生)
ホルンの音色でシカを呼び寄せる初冬の風物詩「鹿寄せ」が1日、奈良市の奈良公園で始まり、観光客らがシカとの触れ合いを楽しんだ。

テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.