テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【ビッグニュース】
神奈川・海水浴場開設を中止] (50件/週)

湘南「開設しない」、でも人は来る・・・無法化を懸念(20/06/01)(再生)

06/02 16:03 日本テレビ 【news every.】
海水浴場の中止が相次いでいる。
神奈川・藤沢市や鎌倉市など11自治体が海水浴場の開設中止を決めている。
横浜市は検討中。
逗子市・桐ヶ谷市長は「逗子は海が地場産業。
海水浴は不特定多数の方が広範囲からくるので、感染経路の追跡ができない」と話す。
海水浴場が中止になると、海の家がない、監視員がいない、救護所がない。
自治体などはごみやパトロールをどうするのかを検討している。
小西美穂のスタジオコメント。

06/02 14:41 フジテレビ 【直撃LIVEグッディ!】
昭和大学医学部客員教授・二木芳人のスタジオ解説。
きょう東京都で新たに30人以上が新型コロナウイルスに感染。
都は「東京アラート」発動を検討。
東京近郊の海水浴場開設中止自治体(茨城、千葉、神奈川)。
入場禁止ではなく自由に来訪は可能。
監視員、ライフセーバーは雇用されず事故が起きても対処が困難。
マリンスポーツと遊泳者の境界線もないため接触事故の可能性も。
JTB「今年の旅行」意識アンケート。
北村晴男弁護士のスタジオコメント。

06/02 11:01 テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、神奈川・藤沢市、鎌倉市、逗子市など、8自治体16海水浴場がこの夏、開設しないことを決めた。
江の島海水浴場協同組合・森井裕幸理事長は「海水浴場を開設しないことで無法地帯になってしまうと困る」と話している。
3つの海水浴場の組合は安心、安全な海岸を維持する対策を講じるよう海岸を管理する県への要望書を提出。
鎌倉市は海水浴場を開設しなくても条例の効力が発揮できるよう条例改正を検討している。
神奈川県の海水浴場ガイドラインの内容、SNS上のコメント、鎌倉市・松尾市長のコメントを紹介。
先週末の湘南ビーチ、藤沢・片瀬西浜鵠沼海水浴場、由比ガ浜海水浴場の映像。
イラストエッセイスト・犬山紙子、ジャーナリスト・東海大学教授・末延吉正、学習院大学・拓殖大学非常勤講師・塚越健司のコメント。
海難事故、海の家に言及。
映像提供・PIXTA。

06/02 08:09 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
江の島海水浴場共同組合・森井裕幸理事長は「海水浴客の安全安心のためにも今年の夏、海水浴場は開設しないことを決定した」と発表。
藤沢市以外でも多くの場所で海水浴場の開設を断念している(大磯町、平塚市、茅ヶ崎市、鎌倉市、逗子市、葉山町、横須賀市など)。
湯河原町と三浦市は検討中。
緊急事態宣言は解除されたが神奈川県からガイドライン出されたという。
県は「3密」を問題視、「海の家完全予約制」「海水浴客の間隔を空ける」などを要請、組合側は難しいと判断し開設を断念した。
森井理事長は「ごみ問題は今後の懸念」「一番の懸念はライフガードがいない海での水難事故」と指摘。
神奈川・藤沢市の映像。

06/02 06:29 TBSテレビ 【あさチャン!】
神奈川県・鎌倉市・松尾崇市長は「大変心苦しく断腸の思いだが海水浴場開設を断念することとした」と話した。
昨日神奈川県鎌倉市、逗子市、葉山町では感染リスクを抑えることが難しいとして今年度の海水浴場の開設を断念した。
県が作った感染防止ガイドラインの厳しさが理由となっている。
神奈川では他にも藤沢市の海水浴場を運営する3団体、茅ケ崎市「サザンビーチちがさき海水浴場」、大磯町「大磯海水浴場」が中止を決定している。

06/02 05:19 TBSテレビ 【はやドキ!】
神奈川県内にある25の海水浴場は開設を断念。
流通経済大学教授・龍崎孝のスタジオコメント。
鎌倉、ライフセーバー、救護所、湘南に言及。

06/02 04:08 TBSテレビ 【TBS NEWS】
6月に入り、そろそろ気になり始めるのが夏休み。
しかし、神奈川県湘南エリアの多くの海水浴場が、今年度の「海の家」の開設を断念。
都立学校の場合、8月8日から始まる今年の夏休みは、コロナの影響で16日間に短縮される。
こうした中、政府の指針では都道府県をまたぐ観光は8月1日をメドに制限が緩和される。
しかし公共交通機関などでの感染を避けるため、遠方への旅行が敬遠されている。
コロナ禍で迎える今年の夏休みは、旅行のあり方に異変が起きている。
「Withコロナ」の旅行のあり方として注目されているのが、マイクロツーリズム。
マイクロツーリズムとは、30分から1時間ほどで行ける近場の範囲で地元観光を楽しむというもの。
全国でリゾートホテルなどを運営する星野リゾートでは、各地域の伝統工芸などを取り入れた部屋や、地産地消の料理を楽しんでもらうプランがある。
同じくマイクロツーリズムで楽しめそうなのがキャンプ。
意外と行っていなかった、近場の自然を知る機会になる。
車で行けるところも多いため、人との接触が少ないことも魅力。
政府も、宿泊や日帰りの旅行などについて最大2万円を補助する「GOTOキャンペーン」を実施する予定で、夏の旅行を後押ししたい考え。
一方、今年の夏休みは絶対に外出したくないという人には、オンライン観光という方法も。
バスツアーをオンラインで体験できるサービスでは、車内では窓の外を流れる風景が楽しめるほか、現地ではガイドが観光地を案内してくれる。
一方、露出が増える夏までにシェイプアップしたいというニーズを取り込もうと、営業を再開させたのがライザップ。
感染防止策として、すべての客と従業員が抗体検査を受けられるようにした。
近畿日本ツーリスト首都圏・三上直隆課長、星野リゾート・三保裕司総支配人のコメント。
東京・千代田区、ライザップ神宮前店の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.