テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【ビッグニュース】
王毅外相が来日・日中外相会談] (77件/週)

04/17 08:01 BS朝日 【News Access】
安倍総理大臣は中国・王毅外相と会談し、北朝鮮の非核化へ向け日本・中国が緊密に連携していく事を確認。
安倍総理大臣は、今日から訪米して米国・トランプ大統領と北朝鮮の核・ミサイル問題を巡って議論する事を王毅外相に説明。
また安倍総理大臣は、来月の大型連休明けに予定されている李克強首相の訪日を「日中関係発展の契機にしたい」と強調。
王毅外相は「日中がより広く長い観点を持ち、関係改善を図っていく必要がある」と応じた。
安倍総理大臣は「北朝鮮に核・ミサイルを放棄させるべくしっかり話をしていきたいと思いますが、この問題は日中共通の利益であり、中国ともよく連携していきたい」とコメント。
総理官邸の映像。

04/17 07:02 BS1 【キャッチ!世界のトップニュース】
中国総局・為井貴規による解説。
8年ぶりにハイレベル経済対話を行い、首脳同志の往来の促進など関係改善を改めて確認できたことは成果。
王毅外相も「両国関係の新たな未来を切り開かなければならない」と前向きな発言。
背景には貿易摩擦の激化が懸念される米国との関係がある。
日本との関係を改善して、自由貿易を守るという立場で連携して保護主義的な動きを強める米国をけん制する狙い。
今後は、日中韓3か国の首脳会議に向けた李克強主席の初めての日本訪問で、緊急時連絡を取り合う連絡メカニズムの運用開始や、一帯一路に関連した経済協力の推進に成果が打ち出される見通し。
安倍総理の映像、習近平国家主席に言及。

04/17 05:54 テレビ朝日 【グッド!モーニング】
安倍総理大臣は中国・王毅外相と会談し、北朝鮮の非核化に向け日中が緊密に連携していくことを確認。
安倍総理大臣は「中国ともよく連携していきたい」とコメント。
安倍総理はきょうから訪米し、米国・トランプ大統領と議論。
李首相の訪日を「日中関係発展の契機にしたい」と強調した。
王毅外相は「関係改善を図っていく必要がある」。
総理官邸の映像。

04/17 00:05 フジテレビ 【FNNプライムニュース α】
河野外相、中国・王毅外相など日本と中国の主要閣僚が出席する日中ハイレベル経済対話が8年ぶりに東京都内で開かれ、今後も協力や交流の拡充や国際経済の問題に責任ある役割を果たすことを確認。
米国による鉄鋼などの輸入制限についても議論がおこなわれ、自由貿易体制の強化が重要との認識で一致。
会合後、河野外相は「ハイレベル経済対話の開催は日中関係改善の大きな一歩であり、日中経済関係を今後さらに強固なものにしていく契機にしたい」と強調した。
 

04/16 23:52 BS1 【BSニュース】
安倍総理大臣は、中国の王毅外相と会談した。
大型連休が終わった後、日本・中国・韓国首脳会議を開催するが李克強首相をお迎えできることを楽しみにしている。
李克強首相の公式訪問を戦略的互恵関係のもと、様々な分野で日中関係を発展させる契機にしたいと述べた。
王毅外相は安倍総理大臣や日本政府が中日関係改善に向け発出した前向きなメッセージや友好的な姿勢を注視している。
今回の訪問を、中日関係を再び正常・発展の軌道に戻す重要な好機としたいと応じた。
保護貿易主義が台頭し、世界の貿易ルールや自由貿易体制も衝撃を受けている。
一国主義に基づく行動が国際関係の基本的なルールに挑戦していると指摘し、米国のトランプ政権の対応を暗に批判した。
官邸の映像。
安倍首相のコメント。
日米首脳会談、北朝鮮に言及。

04/16 23:32 BSジャパン 【ワールドビジネスサテライト】
約8年ぶりに行われた経済対話は日中両国が関係改善ムードを強調する形で始まった。
日本から河野外務大臣や世耕経済産業大臣など4人の閣僚が、中国側からは王毅外相、鍾山商務相など3人が出席した。
対話では民間の経済協力を拡充していく事や国際経済の課題に責任ある役割を果たす事で一致。
さらに米国と中国の通商摩擦が激化する中、自由貿易体制の重要性を確認した。
そんななか中国が時間を割いて日本側に説明したのが中国が進める経済圏構想・一帯一路について。
しかし日本政府は一帯一路が国際社会のルールに沿った形で進められる事が必要との立場を崩していない。
今年は日中平和友好条約の締結から40周年の節目の年。
まずは経済面で日中の歩み寄りが始まっている。
政府関係者のコメント。
東京・港区の映像。

04/16 23:32 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
約8年ぶりに行われた経済対話は日中両国が関係改善ムードを強調する形で始まった。
日本から河野外務大臣や世耕経済産業大臣など4人の閣僚が、中国側からは王毅外相、鍾山商務相など3人が出席した。
対話では民間の経済協力を拡充していく事や国際経済の課題に責任ある役割を果たす事で一致。
さらに米国と中国の通商摩擦が激化する中、自由貿易体制の重要性を確認した。
そんななか中国が時間を割いて日本側に説明したのが中国が進める経済圏構想・一帯一路について。
しかし日本政府は一帯一路が国際社会のルールに沿った形で進められる事が必要との立場を崩していない。
今年は日中平和友好条約の締結から40周年の節目の年。
まずは経済面で日中の歩み寄りが始まっている。
政府関係者のコメント。
東京・港区の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.