テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【ビッグニュース】
クルーズ船・一部の高齢者が下船] (77件/週)

クルーズ船から高齢者ら一部下船 残された乗客は(20/02/14)(再生)

クルーズ船から高齢者が下船 横浜(再生)

クルーズ船高齢者ら下船へ 新たに44人の感染確認(再生)

02/15 11:28 日本テレビ 【NNNストレイトニュース】
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国本土では、死者の数が1500人を超えた。
感染した人の数も増え続け、6万6000人を超えている。
日本国内でも感染が拡大していて、集団感染が起きているクルーズ船では80歳以上の高齢者でウイルス検査で陰性だった人たちの下船がきょうも続く見通し。
(中継)横浜港。

02/15 11:27 日本テレビ 【NNNストレイトニュース】
集団感染が起きているクルーズ船・ダイヤモンドプリンセスでは、80歳以上の高齢者でウイルス検査で陰性だった人たちの下船がきょうも続く見通し。
厚労省によると、北海道、神奈川に住む8人が新たに感染確認。
神奈川県の男性は陽性の乗船者を搬送した横浜市の救急隊員。
一方、チャーター機の第3便で帰国し、再検査で陰性確認された人が帰宅へ。
横浜港、新型コロナウイルス、埼玉県和光市の映像。
提供:国立感染症研究所。

02/15 09:50 BS1 【BSニュース】
新型コロナウイルスの集団感染が確認された横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」では昨日までに感染が確認された乗客、乗員218人のうち11人が重症になっていることが分かった。
昨日は80歳以上の高齢者で持病のある人などウイルス検査で陰性だった希望者11人が下船し、政府が用意した埼玉県の宿泊施設に移った。
船には3400人余の乗客、乗員が残っていて、厚生労働省は今月19日まで待機を求めるとともに、きのう下船した11人についても宿泊施設で同じ期間待機してもらうことにしている。
一方カンボジアに入港したクルーズ船「ウエステルダム」に乗っていた日本人については、現地の日本人大使館が帰国を支援することにしている。
大使館によると日本人乗客4人はいずれも帰国を希望しているが、これまでのところ下船は確認されていないという。

02/15 08:50 BS1 【BSニュース】
集団感染が確認された横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」ではきのうまでに218人の感染が確認され、このうち11人が重症になっていることが分かった。
きのうは80歳以上の高齢者で持病がある人などについて、ウイルス検査で陰性だった11人が下船し政府が用意した埼玉の宿泊施設に移った。
船には3400人余の乗客乗員が残っていて、厚生労働省は今月19日まで待機を求めている。
きのう下船した11人についても宿泊施設で同じ期間待機してもらうことにしている。

02/15 08:03 フジテレビ 【めざましどようび】
クルーズ船・ダイヤモンドプリンセスではきのう高齢者で陰性が確認され持病がある乗客らが下船し経過観察のため宿泊先となる埼玉・和光市の税務大学校へ向かった。
厚生労働省によると船内で配布されたiPhoneは特別なLINEアカウントで医師や看護師、カウンセラーへの相談や薬の要望などができるという。
iPhoneは各客室に1台と乗員分計約2000台が無料で配布された。
海外メディアは日本の水際対策について「日本政府がコロナウイルスにあまり積極的に対応しなかったことで悪化した」、「日本政府の行動はカオス」などと批判。
菅官房長官は「引き続きロシアを含む関係国の大使館などとも連絡を密にして丁寧に説明している」と反論。
新型コロナウイルスに感染しているかどうかを確認するために行われるPCR検査について尼崎市立衛生研究所・村山隆太郎が解説。
中国の衛生局は新型コロナウイルスによる死者が1380人、感染者は6万3851人と発表。
医療関係者の感染者は1716人で死者は6人と明らかにした。
日本政府は中国武漢などに滞在する日本人を帰国沙褪せるチャーター機第5便をあす派遣することにしている。

02/15 07:07 フジテレビ 【めざましどようび】
現在も横浜港に停泊するクルーズ船・ダイヤモンドプリンセスでは昨日、80歳以上の高齢者で陰性が確認され持病がある乗客などが下船した。
経過観察のため埼玉県和光市の税務大学校に向かった。
バスに言及。

02/15 06:22 TBSテレビ 【まるっと!サタデー】
(中継)横浜港。
新型コロナウイルスの集団感染が起きている「ダイヤモンドプリンセス」乗客乗員の船内隔離から10日目の昨日、船内に動きが。
「ダイヤモンドプリンセス」から11人が船から降りることになった。
政府は、乗客らの体調悪化への懸念から全員船内待機の方針を変更。
下船が認められたのは80歳以上の高齢者で持病があるか、あるいは、開けられる窓がない部屋にいた人でなおかつ陰性が確認された人たち。
今後、潜伏期間が終わるまで政府が用意した埼玉県内の宿泊施設に滞在する。
船内の感染者は日に日に増え続け検査結果が出た713人のうち感染者は218人、重症者は12人に及んでいる。
隔離生活が長引き、乗客の不安は高まっている。
ただ、不安の中にいるのは乗客だけではない。
動画を公開したのは、クルーズ船で働くインド人の乗員、帰国を必死に訴える。
果たして船内の状況はどうなっているのだろうか。
現在、友人が「ダイヤモンドプリンセス」で働いているという元乗務員に話を聞いた。
乗務員からは検査を先にしてほしいという声が出ている。
さらに乗員の部屋は船底部分で相部屋生活、環境条件がいいとはいえない。
乗客乗員それぞれから上がる不安の声。
果たして、今後どうすべきなのか。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.