テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【ビッグニュース】
豚コレラウイルス・高熱の一方で2週間死なず] (159件/週)

02/11 17:13 日本テレビ 【news every.】
愛知県で豚コレラの感染が確認された問題。
県内107の養豚場で飼育されている約16万頭について、県は「当分の間移動を制限する」と発表した。
愛知・豊田市の映像。
家畜伝染病予防法に言及。

02/11 16:50 BS1 【BSニュース】
5府県に拡大した豚コレラへの対策として、農林水産省は現時点ではワクチンを使わずにウイルスを封じ込めたいとしている。
豚コレラワクチンは豚に注射することで感染を防ぐことができるとされ、国は約100万頭分を備蓄しており、一部の養豚業者からは、5府県に発生が拡大したことを受けてワクチンを使用したいという声があがっている。
しかし農水省は「ワクチンを使用すると感染を防ぐことができる一方、国際機関から“国内で豚コレラの発生がない”と認定されるまでの期間が使わない場合の4倍の1年以上かかるケースがあり、豚肉の輸出に悪影響を及ぼす恐れがある」としている。
また、「消毒などの衛生管理が不十分になり、豚コレラ以外の病気の発生リスクが高まる」としている。
このため、農水省は現時点ではワクチンを使わず、感染を早く見つけて殺処分と消毒などで封じ込める方針で、拡大が止められなくなった時にワクチンの使用を検討するとしている。

02/11 14:53 BS1 【BSニュース】
5府県に拡大した豚コレラへの対策として、農林水産省は現時点ではワクチンを使わずにウイルスを封じ込めたいとしている。
豚コレラワクチンは豚に注射することで感染を防ぐことができるとされ、国は約100万頭分を備蓄しており、一部の養豚業者からは、5府県に発生が拡大したことを受けてワクチンを使用したいという声があがっている。
しかし農水省は「ワクチンを使用すると感染を防ぐことができる一方、国際機関から“国内で豚コレラの発生がない”と認定されるまでの期間が使わない場合の4倍の1年以上かかるケースがあり、豚肉の輸出に悪影響を及ぼす恐れがある」としている。
また、「消毒などの衛生管理が不十分になり、豚コレラ以外の病気の発生リスクが高まる」としている。
このため、農水省は現時点ではワクチンを使わず、感染を早く見つけて殺処分と消毒などで封じ込める方針で、拡大が止められなくなった時にワクチンの使用を検討するとしている。

02/11 13:51 BS1 【BSニュース】
5つの府県に拡大した豚コレラへの対策として国はおよそ100万頭分のワクチンを備蓄していて、一部の養豚業者からワクチンを使用したいという声が上がっている。
農林水産省は、ワクチンを使用すると国際機関で“国内で豚コレラの発生がない”と認定されるまでの期間が1年以上かかるケースがあり、豚肉の輸出に悪影響を及ぼすおそれがあるとしている。
また、消毒などの衛生管理が不十分になり、豚コレラ以外の病気の発生リスクが高まるとしている。
農林水産省は現時点ではワクチンを使わず、殺処分と消毒などで封じ込める方針で、拡大が止められなくなった時にワクチンの使用を検討するとしている。

02/11 13:40 日本テレビ 【ヒルナンデス!】
愛知県で豚コレラの感染が確認された問題で、県内107の養豚場で飼育されている約16万頭について、県は家畜伝染病予防法に基づき当分の間、移動を制限すると発表した。
移動制限は感染が確認された養豚場と同じ飼料業者と、と畜場など施設の出入りが同じ日に行われた養豚場が対象。
生産者は出荷1週間前から豚の健康状態を確認し出荷前日に体温を測定して発熱があるかなど、感染の兆候の有無を県に報告する義務がある。
愛知・豊田市の映像。

02/11 12:05 NHK総合・東京 【NHKニュース】
豚コレラのワクチンはブタに注射することで感染を防ぐことができるとされ、国はおよそ100万頭分を備蓄していて、一部の養豚業者からは5つの府県に発生が拡大したことを受け、ワクチンを使用したいという声が上がっている。
しかし農林水産省は、ワクチンを使用すると感染を防ぐことができる一方で、国際機関から国内で豚コレラの発生がないと認定されるまでの期間が、使わない場合の4倍の1年以上かかるケースがあり、豚肉の輸出に悪影響を及ぼすおそれがあるとしている。
また、消毒などの衛生管理が不十分になり、豚コレラ以外の病気の発生リスクが高まるとしている。
このため農林水産省は、現時点ではワクチンを使わず、感染を早く見つけて殺処分と消毒などで封じ込める方針で、拡大が止められなくなったときにワクチンの使用を検討するとしている。

02/11 10:51 BS1 【BSニュース】
豚コレラは去年9月から岐阜県で発生が続き、今月6日には大阪府東大阪市の養豚場など5府県に拡大したことが確認された。
東大阪市の養豚場では、埋めて最終的処理する場所が確保できないため、殺処分をすぐに始められず、730頭余りのブタは8日からきのうにかけて殺処分された。
農林水産省は初めて加熱処理をする移動式装置を大阪府に貸し出して堺市に設置し、防疫措置の完了を急ぐことにしている。
ほかの4県の養豚場ではきのうまでに豚の処理を終えている。
愛知・豊田の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.