テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【気になる芸能・芸術】
約2500人参列…桂歌丸告別式] (77件/週)

07/12 05:53 日本テレビ 【ZIP!】
先週亡くなった桂歌丸の告別式が営まれ笑点メンバーをはじめ多くの著名人が最後の別れを惜しんだ。
告別式で林家木久蔵は「50年近くお付き合いしているので、いっぱい思い出がございます。
6月20日に歌丸師匠のお見舞いに行きまして意識がまだはっきりしてらっしゃって“パンダの食事はパンだ”を毎日発声練習をやっていると手振りで教えてくださいました」と語った。
昨日横浜市で午後2時から営まれた告別式には林家木久扇、三遊亭小遊三、山田隆夫など笑点メンバーを始め、林家こん平や親交のあった歌舞伎俳優の中村吉右衛門などおよそ2500人が参列した。
遺影は2015年国立演芸場での写真が飾られ、祭壇は桂歌丸が愛した地元横浜の海をイメージし青を基調とした花々で彩られた。
法名は「眞藝院釋歌丸」で歌丸の文字が使われた。
桂歌丸の師匠で現在93歳の桂米丸は「落語家として名誉ある本当にお幸せな方だなと思います」と語った。
50年にわたり笑点に出演し“日曜日の顔”として親しまれた桂歌丸は、先週月曜日に慢性閉塞性肺疾患のため81年の生涯を閉じた。
落語芸術協会の会長代行を務めていた三遊亭小遊三は今の心境を「しんみりしないところがはなし家の持ち味なんですけど、なかなかそうも行きませんので、よほど僕らがしっかりしないと」と語った。
林家たい平は桂歌丸の背中を見て学んだことを「たくさんの落語のネタもあるのに未だに間際まで新しいネタを覚えられていて、“僕たちこんなところで立ち止まっていたらいけない”って思わせてくださいました」を語った。
桂歌丸と大喜利でバトルを演じた三遊亭円楽は「一番の思い出…ないですよ、全部が一番だもん、存在が思い出なんだから」と語った。
2016年桂歌丸最後の大喜利、2015年5月放送の笑点の映像。

07/12 05:30 NHK総合・東京 【おはよう日本】
横浜・港北区で落語家・桂歌丸の告別式が営まれた。
桂米丸が弔辞を読んだ。
桂米丸は「真剣さにほろりとした」、林家木久扇は「パンダの食事はパンだという毎日発声練習をやっている手ぶりで教えてくれた」、女優・泉ピン子は「愛する横浜で地元の皆さんとお別れ会して兄さんらしい」、三遊亭小遊三は「本当にいなくなっちゃうんだなと大きな穴があいたみたいで不安」とコメント。

07/12 04:46 日本テレビ 【Oha!4】
先週死去した桂歌丸の告別式が11日神奈川・横浜市で営まれ、林家木久扇、三遊亭小遊三ら笑点メンバーをはじめ、林家こん平、笑福亭鶴瓶、尾上松也らおよそ2500人が参列した。
友人代表としてあいさつした歌舞伎俳優・中村吉右衛門は涙をこらえ歌丸との別れを惜しんだ。
三遊亭円楽は「呼ばないでくださいよってお願いした」と、落語芸術教会会長代行をつとめてきた三遊亭小遊三は「看板がなくなっちゃいましたから」、林家たい平は「自分が新しいものに挑戦することで、僕たちこんなところで立ち止まっていたらいけないと思わせてくださいました」と述べた。
ミスター笑点桂歌丸師匠追悼特番は12日夜7時から放送。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.