テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【気になる出来事】
画期的・どれが東京五輪の顔に?選ぶのは…立体あるワケ・2体×3候補絞られる] (18件/週)

五輪マスコット候補を公表 3作品、小学生投票で選考(再生)

12/07 18:16 NHK総合・東京 【首都圏ネットワーク】
これまでの五輪パラリンピックを彩ってきた数々のマスコットキャラクターたち。
3年後の東京大会ではどんなマスコットになるのか。
組織委員会はマスコットの最終候補3作品を発表した。
東京・渋谷区の小学校で2042件の応募の中から絞り込まれた最終候補3作品が発表された。
マスコットは全国の小学生の投票で選ばれることになっていて、投票はクラスで1票入れる方法で行われる。
投票は来年2月22日まで行われ、2月28日に発表される予定。

12/07 18:02 日本テレビ 【news every.】
着々と準備が進められる東京オリンピック・パラリンピック。
しかしおととし7月には1度決まった大会エンブレムのデザインに盗用疑惑が浮上し、白紙撤回に。
その後の去年4月に新エンブレムが発表されたが、決定までには余分な時間と費用が使われた。
今回マスコットの最終候補に残った3案は一般応募された2042作品から多くの人に愛される、東京や日本らしさが感じられる、オリジナリティーがあり個性的などの条件のもとで選ばれた。
マスコットの最終決定は全国の小学生による投票にゆだねられる。
提供:Tokyo2020。

12/07 18:02 TBSテレビ 【Nスタ】
2020年の東京五輪・パラリンピックのマスコットの最終候補の3つの案が今日発表された。
日本昔話に出てくるキツネと化ける狸がモチーフになっているという。
小学生の投票で決まるという初の試み。
今日のお披露目までの舞台裏に密着した。
発表を3日後に控え、準備に追われる組織員会。
この部屋だけは施錠され、特にセキュリティが厳しいのには理由がある。
公募で集まった作品を全てこの部屋で管理されているため。
作品の情報が漏れた場合商標権などが抑えられ選考がやり直しになるためセキュリティに神経をとがらせている。
大会マスコットは全国の小学校約28万あるクラス単位の投票で決定する。
大会マスコットが一般投票、子供たちの投票で選ばれるのは初めてのこと。
デザインや選考プロセスに問題があると指摘され選びなおしに発展したエンブレム騒動。
同じ事態になることを避けるため、組織委員会派マスコットを一般から公募。
審査に専門家を加え、会議の一部をインターネットで公開するなどプロセス全てに第三者を入れた。
発表9日前の都内のスタジオ。
小学生にわかりやすくするため、ナレーターに細かな支持が飛ぶ。
過去の大会ではリオや北京のマスコットが人気を集めたのに対して、ロンドンのウェンロックは子供が怖がり人気が集まらなかった。
また関連グッズの売り上げは約140億円と見込まれるライセンス収入の大部分を占め、マスコット選考は失敗の許されないプロジェクト。
関係者の話では3案ともキャラクターデザイン業界でキャリアを積んできたデザイナーの作品という。
投票は来週11日からで、来年2月28日に発表。
井戸愛係長、東京2020組織委員会・ブランド開発チーム・田中盛朗係長のコメント。
専門家によるデザインチェック、ブラジル・リオの映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.