テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
「回復者血しょう治療」患者投与を倫理委承認] (6件/週)

09/26 23:53 BS1 【BSニュース】
「回復者血しょう治療」は、回復した人の血液から抗体が含まれた「血しょう」と呼ばれる成分を取り出し、別の新型コロナウイルスの患者に投与する。
各国で研究が進んでいて、米国では緊急の使用が許可されている。
国内では国立国際医療研究センター(東京都新宿区)が研究を進めていて、これまでに回復した人60人分の「血しょう」が集まっているという。
センターによると、今月15日に内部の倫理委員会で、実際の患者への投与が正式に承認された。
臨床研究では、酸素の吸入が必要な中等症の患者およそ60人に、別の感染症のリスクなどがないことを確認した「血しょう」を投与し、安全性や効果を調べる。
国立国際医療研究センター・忽那賢志医師のコメント。

09/26 18:56 BS1 【BSニュース】
回復者血しょう治療は、回復した人の血液から抗体が含まれた血しょうと呼ばれる成分を取り出し別の新型コロナウイルスの患者に投与する。
各国で研究が進んでいて米国では緊急の使用が許可されている。
国内では国立国際医療研究センター(東京・新宿区)が研究を進めていて、これまでに回復した人60人分の血しょうが集まっている。
センターによると今月15日に内部の倫理委員会で実際の患者への投与が正式に承認されたという。
臨床研究では酸素の吸入が必要な中等症の患者およそ60人に、別の感染症のリスクなどがないことを確認した血しょうを投与し安全性や効果を調べるという。
国立国際医療研究センター・忽那賢志医師は「タイミングを逃さず投与症例の実績を積み重ねたい。
有効性と安全性も検討していければ」とコメント。

09/26 13:53 BS1 【BSニュース】
回復者血しょう治療は、回復した人の血液から抗体が含まれた血しょうと呼ばれる成分を取り出し別の新型コロナウイルスの患者に投与する。
各国で研究が進んでいて米国では緊急の使用が許可されている。
国内では国立国際医療研究センター(東京・新宿区)が研究を進めていて、これまでに回復した人60人分の血しょうが集まっている。
センターによると今月15日に内部の倫理委員会で実際の患者への投与が正式に承認されたという。
臨床研究では酸素の吸入が必要な中等症の患者およそ60人に、別の感染症のリスクなどがないことを確認した血しょうを投与し安全性や効果を調べるという。
国立国際医療研究センター・忽那賢志医師は「タイミングを逃さず投与症例の実績を積み重ねたい。
有効性と安全性も検討していければ」とコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.