テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
JR東日本・新幹線・高架橋の柱・耐震補強せず] (4件/週)

新幹線の高架橋“耐震性不足”新たに367本見つかる(20/01/21)(再生)

01/21 18:46 BS1 【BSニュース4K】
東北新幹線と上越新幹線の高架橋の耐震化について、JR東日本が耐震診断を誤り、367本の柱で10年以上にわたって補強工事が行われていなかったことが分かった。
JR東日本は、来年度末までに追加の補強工事を実施することにしている。
東北上越新幹線の高架橋の耐震化をめぐっては、阪神淡路大震災をきっかけにJR東日本が、すべての柱で耐震診断を行い、このうち揺れによる亀裂で大きく壊れるおそれがあるコンクリート製の柱約1万8500本の補強工事を優先的に進め、平成20年までに完了したと発表していた。
東京・渋谷区の映像。
地震に言及。

01/21 18:12 日本テレビ 【news every.】
JR東日本は東北、上越新幹線で耐震診断のミスがあり、必要な補強工事が行われていない高架橋の柱が367本あったと発表した。
耐震診断の際誤ったデータを入力し、優先度が低いと判断したためで、大地震の際倒壊のおそれがあるという。
おおむね来年度中に補強工事を終えたいとしている。

01/21 18:05 NHK総合・東京 【NHKニュース】
東北新幹線と上越新幹線の高架橋の耐震化について、JR東日本が耐震診断を誤り、367本の柱で10年以上にわたって補強工事が行われていなかったことが分かった。
JR東日本は、来年度末までに追加の補強工事を実施することにしている。
東北上越新幹線の高架橋の耐震化を巡っては、阪神淡路大震災をきっかけにJR東日本が、すべての柱で耐震診断を行い、このうち揺れによる亀裂で大きく壊れるおそれがあるコンクリート製の柱およそ1万8500本の補強工事を優先的に進め、平成20年までに完了したと発表していた。
しかしJR東日本によると、去年8月に高架橋の別の工事で耐震診断を行った担当者が、過去の診断の誤りに気付いたということで、その後、改めて調査をやり直した。
その結果、367本が対象から外れていたことが分かった。
このため10年以上にわたって補強工事が行われていなかったが、これまでの地震などによる被害は出ていないという。
JR東日本は来年度末までに追加の補強工事を実施するとしている。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.