テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
東京地裁・民事裁判に導入のウェブ会議・急増] (3件/週)

10/26 08:56 BS1 【BSニュース】
日本の民事裁判の手続きのIT化は海外と比べて遅れていると指摘されていて、政府は2025年の全面実施に向けて口頭弁論や訴状の提出のオンライン化を進める方針。
民事裁判の争点整理などの手続きに今年2月から導入されたウェブ会議の実施件数が、東京地方裁判所で先月は400件と導入当初の10倍に急増していることがわかった。
東京地裁は新型コロナウイルスの感染拡大による関係者の意識や行動の変化が背景にあるとみている。
東京地裁・後藤健民事部所長代行者のコメント。

10/26 07:16 NHK総合・東京 【おはよう日本】
裁判は裁判官、証人、被告が一同に会して行われるものだが法廷にも今変化が起きている。
河井克之元法務大臣と妻の案里議員が公職選挙法違反の罪に問われ無愛を主張している裁判に証人の姿はなかった。
証人は庭内に設置されたモニターで証人は広島地裁にいた。
オンラインで結ぶ構外ビデオリンク方式で行われた。
日本の民事裁判の手続きのIT化は海外と比べて遅れていると指摘されていて、政府は2025年の全面実施に向け口頭弁論や訴状提出のオンライン化を進める方針。
この一環としてことし2月から一部の裁判所で民事裁判の争点整理など非公開の手続きにウェブ会議を導入。
東京地方裁判所で行われたウェブ会議は先月400件と、3月から10倍に急増していることが分かった。
写真提供:広島地方裁判所。
証言した広島県議、甲南大学法科大学院・渡辺修教授、東京地方裁判所・後藤健民事部所長代行者、日本大学法学部・杉本純子教授、日本司法通訳士連合会・天海浪漫代表理事、鷹取信哉弁護士のコメント。

10/26 06:05 NHK総合・東京 【おはよう日本】
日本の民事裁判の手続きのIT化は海外と比べて遅れていると指摘されていて、政府は2025年の全面実施に向け口頭弁論や訴状提出のオンライン化を進める方針。
この一環としてことし2月から一部の裁判所で民事裁判の争点整理など非公開の手続きにウェブ会議を導入。
東京地方裁判所で行われたウェブ会議は先月400件と、3月から10倍に急増していることが分かった。
ウェブ会議は年度内にすべての地方裁判所の本庁で運用が始まる予定。
東京地方裁判所・後藤健民事部所長代行者のコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.