テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【気になる出来事】
2人に1人が“おひとりさま”!?どうする老後の住まい] (4件/週)

05/20 09:24 NHK総合・東京 【週刊ニュース深読み】
<深読み>2人に1人が“おひとりさま”!?どうする・老後の住まい・幸せな“住まい方”とは?
高橋紘士・高齢者住宅財団理事長は「“とも暮らし”がいいと思う」とスタジオコメント。
鹿児島市にあるナガヤタワーを紹介。
仕切りのないベランダ、共同浴場、共同のリビング、中庭がある。
中澤まゆみ・ノンフィクションライターは「やっぱり街づくりですよね」とスタジオコメント。
井上由起子・日本社会事業大学専門職大学院教授は「周囲が幸せじゃないと自分も幸せになれない」とスタジオコメント。
藤野優子・NHK解説委員は「おひとりさまの時代、何が必要になってくるかっていうとお互いさま」とスタジオコメント。
大阪府の視聴者のコメント文(NHKネットクラブアンケートより)。
増田英彦、榊原郁恵のスタジオコメント。

05/20 09:15 NHK総合・東京 【週刊ニュース深読み】
<深読み>2人に1人が“おひとりさま”!?どうする・老後の住まい・家族の代わりに誰が支える?
榊原郁恵は住宅セーフティーネット法について「今年の秋くらいから改正されていくのか」とスタジオコメント。
高橋紘士・高齢者住宅財団理事長は「準備ができた自治体は市長がやる気になってくれるかどうか」とスタジオコメント。
井上由起子・日本社会事業大学専門職大学院教授は「サービス付き高齢者向け住宅に行くと安心するが寂しさが生じる」とスタジオコメント。
中澤まゆみ・ノンフィクションライターは「発想の転換が必要。
自分も介護をする側に回る」とスタジオコメント。
自宅を利用して子ども食堂を行うような“住み開き”という活動もある。
増田英彦のスタジオコメント。
予算、家族、住み開き(自宅を利用した子ども食堂)に言及。

05/20 09:05 NHK総合・東京 【週刊ニュース深読み】
<深読み>2人に1人が“おひとりさま”!?どうする・老後の住まい・なぜ起きる?ミスマッチ
藤野優子・NHK解説委員は「低所得の高齢者の方が増えてきている」とスタジオコメント。
藤野解説委員によると、東京の貧困層の高齢者が群馬県の施設に住んで、火事になって亡くなられた事件があった。
増田英彦はサービス付き高齢者向け住宅について「今はどうなんですか、空きの状況というのは」とスタジオコメント。
高橋紘士・高齢者住宅財団理事長は、場所にこだわらなければ「入れる」とスタジオコメント。
中澤まゆみ・ノンフィクションライターは「サービスの格差がものすごく大きい」とスタジオコメント。
井上由起子・日本社会事業大学専門職大学院教授は「自分の支払い能力によって選んでいくのが必要」とスタジオコメント。
今年、住宅セーフティーネット法が改正。
空き家を居住支援協議会に登録すると、協議会がバリアフリー化支援などを行う。
協議会は自治体、不動産業者、福祉団体などで構成。
入居相談、物件情報、見守りサービスも行う。
高橋理事長によると、固定資産税を下げると地方自治体の財政を直撃する。
山口県の視聴者のコメント文(NHKネットクラブアンケートより)。
榊原郁恵のスタジオコメント。
社会保障、生活保護、介護保険に言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.