テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
きらめく星空・最先端プラネタリウム] (2件/週)

08/20 09:25 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
最先端のプラネタリウムを手掛ける大平技研・大平貴之。
難しかったのは原板に小さな穴をあけることだったという。
作業はクリーンルームで行う。
従来のプラネタリウムは星と星の間が暗かったが、大平のプラネタリウムは星の間にも小さい星が描かれている。
2004年には560万個の星を投影できるプラネタリウム「メガスターIIコスモス」を開発しギネス世界記録に認定された。
「かわさき宙と緑の科学館」元館長・若宮崇令は「メカの質問ばかりする変わった子だった。
夢を追い続け努力をし続ける姿は人々に感動を与える」と話す。
大平は新たに、プラネタリウムの星とデジタル映像の景色を融合させた投影法“フュージョン”を試みている。
日本科学未来館、千葉県立現代産業科学館、犬吠埼灯台、海ほたる、成田山新勝寺、さくらの山公園の映像。
ガラスに言及。

08/20 09:20 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
最先端のプラネタリウムを手掛ける大平技研・大平貴之。
投影する星は1500万個で一般的なプラネタリウムの約1700倍。
大平のプラネタリウムでは双眼鏡を客に配るという。
投影機には32個レンズが使用されている。
大平は1970年に川崎市に生まれた。
10歳の時にボール紙でプラネタリウムを作ったという。
大学在学中は3万個の星を投影するプラネタリウムを制作した。
オーストラリアの星空がきっかけとなり目に見えない星を表現しようと思ったという。
川崎市「かわさき宙と緑の科学館」、Nordic Skyプラネタリウムスペース(埼玉・飯能市・メッツァ)の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.