テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
千葉・柵が壊れサル100匹“野放し”] (19件/週)

11/13 14:59 TBSテレビ 【ゴゴスマ~GOGO!Smile!~】
ことし9月の台風15号により高宕山自然動物園(千葉県富津市)ではサル用の柵が倒壊し、園内で飼育していた約100匹のサルが放し飼い状態となっている。
高宕山自然動物園から生中継。
米びつが大破し米が散乱し、サルたちが食べに来ている。
この一帯は昭和31年にニホンザルの生息地として天然記念物に指定され、昭和32年には現在の上皇陛下が訪問された。
周辺住民に聞いた話を紹介。
富津市観光協会・関谷康男は畑に被害が出ることを心配しているという。
朝晩の餌やりでサルを管理しており、いまのところ被害は出ていないという。
千葉県が園を管理する富津市に柵を修理するよう指導しているが、台風15号の住宅などへの被害のため建設業者が足りず、復旧の見通しは立っていない。
富津市観光協会は「野放しの状態を早く解消したい」とコメント(東京新聞、共同通信社)。
動物研究家/NPO法人生物行動進化研究センター理事長・パンク町田、CBC特別解説委員・石塚元章、ニッチェ・江上敬子、立教大学客員教授・古舘伊知郎のスタジオコメント。
(中継)千葉・富津市。

11/13 14:56 TBSテレビ 【ゴゴスマ~GOGO!Smile!~】
ことし9月、千葉県を中心に甚大な被害をもたらした台風15号。
千葉県富津市にある高宕山自然動物園ではサル用の柵が倒壊。
園内で飼育していた約100匹のサルが周辺で放し飼い状態となっている。
サルは餌の時間になると園内に集まってくる。
高宕山自然動物園は1959年に地元の観光協会が開設し、その後は富津市が管理している(現在は閉園中)。
市によると周辺でサルによる被害は確認されていないという。
朝夕の餌やりでサルを管理している。
富津市は「年内に仮設のおりを作りたい」としているが、相次ぐ台風被害で建設業者が不足しているため見通しは立っていない。
千葉・市原市の映像。
高宕山自然動物園の飼育員のコメント。
自動販売機に言及。

11/13 12:09 TBSテレビ 【ひるおび!】
台風15号から2か月、台風19号から1か月が経過。
千葉・富津市の高宕山自然動物園のフェンスが壊れサルが現在も”野放し”状態になっている。
高宕山は純野生ニホンザルの生息地として国の天然記念物に指定されている。
1959年に高宕山観光協会が開設した自然動物園は1970年、富津市が管理者になり96匹のニホンザルを飼育。
民家にも近く北側には特別養護老人ホームがある。
近隣住民は、柿、稲、キウイなど農作物への被害に悩まされているが、富津市役所の担当者は「もともと野生のサルが生息しているのでどちらがやったのかわからない。
人的被害は今のところない」と回答。
富津市の飼育担当・関谷康男は「台風への備えは十分ではなかった」といい、富津市役所へはその日のうちに連絡していたが警察や保健所への連絡が約2週間後、近隣住民への報告が約1か月後になってしまった。
千葉県富津市の台風15号、19号、21号による被害は全壊46棟、半壊248棟、一部損壊2747棟、床上・床下浸水1棟におよび、市役所は災害対応に追われていたと弁明。
年内をめどに仮設の檻を作る計画。
さらに房総半島にはアジア大陸原産の特定外来種のアカゲザルも生息しており、ニホンザルの保全には交雑が問題になるという懸念も浮上している。
千葉県は2005年からアカゲザルの駆除を開始し、動物園では園内のすべてのサルのDNA検査を実施し、交雑種を処分するなど保全を図っているという。
事業創造大学院大学客員教授・伊藤聡子、デーモン閣下のスタジオコメント。
千葉・富津市の台風15号による被害映像、千葉・富津市、Google Earthの映像。
停電に言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.