テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【いま経済は】
がん治療が大変化1・ロボット手術・開発競争激化!日本製は感触が分かる!] (2件/週)

05/16 22:18 テレビ東京 【未来世紀ジパング】
今年4月から最新がん治療(手術、放射線、薬)の保険適用が広がり安く受けられるようになった。
保険適用拡大で急速に広がるロボット支援手術。
米国の手術支援ロボット・ダビンチが独占していたが、日本企業も参入しようとしている。
リバーフィールドは東京医科歯科大学と東京工業大が連携した大学発のベンチャー。
開発する手術支援ロボットはダビンチにはない感触が分かる機能がある。
内視鏡カメラ用ロボット・EMAROを発売。
東京医科歯科大学・川嶋健嗣教授は「オリンピックイヤー(2020年)に臨床試験を始めたい」とコメント。
ロボット支援手術のメリットは医師の技量を平準化できること。
ロボット支援手術では前立腺がん、腎がん、胃がん、食道がん、直腸がん、肺がん、縦隔腫瘍、膀胱がん、子宮体がんが適用。
安倍政権は2020年までに医療機器の輸出額を1兆円にしようとしている。
ダビンチに対抗できれば世界に広がる。
川崎重工とシスメックスが出資するメディカロイドが手術支援ロボットを2019年度に発売予定。
ダビンチは1台約3億円。
倉田真由美、医療ジャーナリスト・松井宏夫は「触覚はみんなの夢だった」、ボクシング元WBA世界チャンピオン・竹原慎二のスタジオコメント。
特許に言及。

05/16 22:15 テレビ東京 【未来世紀ジパング】
今年4月から最新がん治療(手術、放射線、薬)の保険適用が広がり安く受けられるようになった。
保険適用拡大で急速に広がるロボット支援手術。
日本に導入されたのは2000年。
現在約280台。
米国の手術支援ロボット・ダビンチが独占していたが、日本企業も参入しようとしている。
リバーフィールドは東京医科歯科大学と東京工業大が連携した大学発のベンチャー。
社員数23人。
東京医科歯科大学・川嶋健嗣教授は「触った感じを伝える機能がある」とコメント。
東京・新宿区の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.