テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま経済は】
解雇・雇い止めの実態は…] (4件/週)

04/08 22:07 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
コロナ禍の長期化は、企業経営に暗い影を落としている。
きょう、発表された3月の新型コロナに関連した倒産件数は過去最多。
5か月連続で上昇していて、累計で1100件を超えている。
中でも増加しているのが宿泊業、飲食業の倒産。
企業倒産の分析を行う調査会社は中小企業の負債が膨れ上がっていると指摘。
時短などの営業規制が続けば、今後も事業継続を諦める会社が増えるという。
企業倒産の分析を行う調査会社は中小企業の負債が膨れ上がっていると指摘。
時短などの営業規制が続けば、今後も事業継続を諦める会社が増えるという。
都内で居酒屋6店舗を展開している駒八・八百坂仁社長。
借入金は公的な緊急融資制度を活用したため無利子で返済開始まであと2年ほどの猶予がある。
ただすでに店の家賃の支払いなどで借りたお金はほとんど残っていないという。
コロナによる倒産が増えることで懸念されるのが失業者のさらなる増加。
厚生労働省によると、コロナの影響で解雇や雇い止めとなった人はきのう時点で10万人を突破している。
看板、ホテル、民事再生法に言及。
東京双葉法律事務所・島本泰宣弁護士、東京商工リサーチ・松永伸也のコメント。
東京・赤坂、港区・駒八ムスブ田町店の映像。

04/08 18:33 NHK総合・東京 【首都圏ネットワーク(東京・神奈川・千葉・埼玉)】
新型コロナウイルスの影響で仕事を失った人は見込みも含めて10万人を超えたことが厚生労働省がハローワークなどを通じて行った調査で分かった。
その調査によると去年1月末からきのうまでに解雇や雇い止めで仕事を失った人は見込みも含めて10万425人となった。
厚生労働省によるとすでに再就職した人も含まれている可能性がある。
また、全国のハローワークなどで把握できた人数であるため仕事を失った人は実際にはさらに多いと見られる。
厚生労働省は、感染が再び拡大し仕事を失う人がさらに増えるおそれがあるとして企業に対して雇用調整助成金などを活用して雇用を維持するよう引き続き呼びかけるとともに再就職の支援を強化している。

04/08 11:48 テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
厚生労働省によると去年2月から4月7日までの間に新型コロナの影響で解雇や雇い止めとなった人は10万425人だった。
非正規で働く人は2日の時点で4万6000人以上に上っている。
業種別では製造業が最も多く、小売業や飲食業、宿泊業と続いている。
解雇や雇い止めは都心部に集中していて東京都で2日までで2万2367人が対象となった。
ハローワークなどへの相談を集計したもので、厚労省は実態は更に多い可能性があるとみている。
そのうえで新型コロナの感染拡大が落ち着いていないので引き続き注視する必要があるとしている。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.