テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【いま経済は】
東京ディズニーシー大幅拡張「アナ雪」など新アトラクション] (9件/週)

06/14 23:19 TBSテレビ 【NEWS23】
追加の投資額は過去最高となる約2500億円。
東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドが今日新たな拡張計画を発表した。
年間3000万人以上が訪れる東京ディズニーリゾート。
拡張するのは現在駐車場となっているスペース。
ディズニーシーの新しいエリアとして開発する。
そこには「アナと雪の女王」や「塔の上のラプンツェル」、「ピーターパン」をテーマとした世界初のアトラクションを計画。
またホテルも新設。
客室は1泊10万円を超える最上級クラスを予定しているという。
2022年度の開業を目指している。
東京ディズニーランドが誕生したのは1983年。
2年目で来場者数は1000万人を突破。
2001年にはディズニーシーが開園した。
そして2014年度は過去最多となる3137万人を記録した。
ただここ3年は頭打ちの状態。
一方最大のライバル・ユニバーサルスタジオジャパン。
2017年度の来場者数は1500万人とみられ4年連続最多更新の見込み。
さらに香港や上海にもディズニーランドが増え国内外でも競争が過熱している。
オリエンタルランド・加賀見俊夫CEO、集客都市研究所・小松史郎代表のコメント。

06/14 22:55 BS1 【BSニュース】
東京ディズニーリゾートを運営する会社は「アナと雪の女王」など映画を題材にしたアトラクションがある新たなエリアを2022年度中に開業。
オリエンタルランドの発表によると、千葉県浦安市にある東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの隣にある駐車場の敷地約10万平方メートルをディズニーシーの新エリアとして開発。
「アナと雪の女王」など3映画を題材にしたアトラクションやホテルなどが設けられる。
きょうの会見で会社は「待ち時間中のストレスなどの改善を引き続き行う。
客の約9割がリピーター。
また来たいと思ってもらうことが重要」と述べた。
今回の開発に会社は約2500億円を投資する計画で、ディズニーシー開園以来、最大規模の拡張になる。
混雑を和らげ入園者数の増加につなげることができるか注目される。
東京ディズニーリゾート運営・オリエンタルランドの会見。
千葉・浦安の映像。

06/14 22:33 テレビ朝日 【報道ステーション】
オリエンタルランドは東京ディズニーリゾートの駐車場の一部にディズニーシーの新たなエリアを開発すると発表した。
ディズニー映画「アナと雪の女王」や「ピーターパン」、「塔の上のラプンツェル」などがテーマとなった4つのアトラクションのほかホテルも建設される。
約2500億円をかけ2022年度中のオープンを目指す。
東京ディズニーリゾート、ミッキーマウスとミニーマウス、新エリアの完成イメージの映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.