テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま経済は】
地方から宇宙へ・広がるビジネス] (1件/週)

07/11 23:31 NHK総合・東京 【ニュースきょう一日】
世界初のミッションに成功したはやぶさ2。
宇宙へのロマンが広がる中、今、地方から宇宙ビジネスを目指す動きが活発になっている。
縦横10センチ、長さ30センチとコンパクトな衛星。
福井県内の企業と大学などが共同で開発したモデル機で費用が安く短期間で製造できる。
この技術を生かして今、福井県が作ろうとしているのが県民衛星。
宇宙から撮影した精度の高い地上の画像データを送ることができる。
開発の背景には、地元産業が置かれた厳しい現状がある。
福井の伝統産業、眼鏡フレーム。
平成の初めに1000億円を超えていた出荷額は、20年余りで半減した。
さらに基幹産業の繊維の事業所も、この20年で5分の1に減少。
これまで培ってきた精密な技術が生かせる、新たな産業が求められていた。
県はおよそ4億円を投じて、衛星開発のための新たな設備を整備。
福井のものづくりの技術を結集した県民衛星の打ち上げは来年の予定。
さらに、北海道では5月、ロケットの打ち上げに成功したベンチャー企業が、本格的な商業化に向けて、あさって、再び打ち上げを予定している。
そして和歌山県串本町は、日本初の民間ロケット発射場の建設予定地に選ばれた。
2021年までに、小型衛星を打ち上げることを目指している。
ますます広がりを見せる宇宙ビジネス。
世界ではこれまで、およそ8000の人工衛星が打ち上げられてきたが、その中に地方発の衛星が加わる日が近そうだ。
福井県新産業創出課・堤宗和参事のコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.