テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま経済は】
消費税] (52件/週)

09/16 23:14 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
来月の消費増税を巡って飲食店に新たな動きが起きている。
飲食店での食事は消費税率が10%に上がるため事業者は「客足が遠のくのではないか」と警戒感を募らせている。
一方で出前やテイクアウトなどは8%と据え置き。
そこでここに活路を見出して宅配に乗り出そうとする店が次々と現れている。
それに伴い宅配を後押しする新たなサービスも登場した。

09/16 19:14 NHK総合・東京 【ニュース7】
消費税率の引き上げまで、あと2週間。
ここにきて駆け込み需要が起き始めている消費の現場を取材。
ケーヨー(首都圏中心にホームセンター展開)では、今月に入ってからの日用品の売り上げが、去年の同じ時期の1.2倍に増えた。
家電量販店・ビックカメラでは4K画質の有機ELテレビの販売台数は、3.5倍に伸びている。
価格帯の中心は、20万円から25万円ほど。
大手デパート・松屋銀座でも、宝飾品が伸びている。
去年の同じ時期の2.3倍に。
時計も1.8倍に増えている。
一方で、化粧品と衣料品は伸び方が小さい。
売り上げは増えているが、5年前の増税の前と比べると、伸び率は10ポイントほど下回っている。
今回の駆け込み需要の規模についてニッセイ基礎研究所・斎藤太郎経済調査部長は「前回の増税時に比べると規模は小さいと考えられる」とコメント。
その理由を3つ挙げている。
5年前、5%から8%になったときに比べて、税率の引き上げの幅が小さいうえ、軽減税率の導入で、飲食料品の税率が据え置かれること。
前回、駆け込みでの購入が多かった自動車と住宅は、今回、増税後の減税措置が拡充されている。
さらに、キャッシュレス決済のポイント還元制度で、中小の店舗では、最大で5%が還元される。
一方で、消費意欲の低さが心配される。
増税後の消費がどうなっていくのか、景気に大きな影響を与えるだけに、動向が注目される。
東京・多摩、豊島区、中央区の映像。
松屋販売促進課・河野新平課長のコメント。

09/16 11:55 日本テレビ 【ヒルナンデス!】
六本木ヒルズにはHazuki、メルカリ、フェラーリ、COACH、Google、Apple、Goldman Sachsなど、超一流の会社が入居している。
中にはblaynやKanaflexなど聞いたことがない会社があるが、blaynは最先端のレジで年商10億円、Kanaflexは五輪開催に必須な地下パイプで年商数百億円。
今回も一流ビルにある聞いたこともない会社を徹底調査する。
森三中(大島美幸、黒沢かずこ、村上知子)が参加。
blayn・天毛伸一、Kanaflex・金尾茂樹の映像。
百田夏菜子に言及。
消費税の表記有。

09/16 08:58 フジテレビ 【とくダネ!】
10月1日~消費税10%。
キャッシュレス決済(電子マネー、デビットカード、クレジットカード、QRコードなど)でカード会社から最大5%ポイント還元。
第一生命経済研究所首席エコノミスト・永濱利廣のスタジオ紹介。

09/16 08:55 フジテレビ 【とくダネ!】
消費税10%まで…あと15日。
巣鴨地蔵通り商店街では「ポイント還元」と書かれたポスター、看板に「スマホ決済」とある。
文房具店は「手探りの状態」とコメント。
茶舗「山年園」は「ポイント還元の期間が9カ月っていうのも…今知った」とコメント。
キャッシュレス決済の達人がお得な利用術を紹介。
東京・豊島区の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.